Make your own free website on Tripod.com

第十一話 「ヘラ! 天女王!!」
Episode 11: Hera! The Queen of Heaven!!

    静かだ。 まるで嵐の前にの静かだ。 遂に星矢は 「さ! 沙織さん!!!!!!!」
    ヘラのデカイコスモを感じて、星矢は凄い心配している。 ヘラは華麗な神衣(カムイ)も装着。 アテナは左手が盾、右手が杖、だが、ヘラが右手だけにレーピアが握る。
    「星矢! みんな! 行きましょう!」 アテナは強く言う 「この戦いが誰にも邪魔をされたくない! 例え貴方達も!!」
    こんな言葉を聞こえる星矢は信じられない! 彼はアテナに飛べたい時、紫龍が止めた。
    「星矢、アテナの御意志にはさからえん...」
    「紫龍!!」
    瞬も 「星矢... アテナの勝ちが信じるよ、先に行きましょう。」
    「くっ! 分かった...」
    四人のブロンズがオリンポスへの穴に入れた。 星矢がその穴に入れる前に一つ言葉を言う 「アテナ、君は俺達を信じます、だから、俺も君を信じる!!」
    その時、アテナが微笑むんだ。
    星矢が消えた時、遂にヘラが 「アテナ... お前のセイントの運命が尽きるだ、絶対に死ぬ!! ほほほほほ!!!!!」
    「ヘラ... 私の聖闘士達より己の身を心配しよう!」
    「そうか、アテナ... 遂に自分のカムイを装着、だから勝つと思う? 確かにお前のカムイが目覚めだ、だが、お前の力が完全に戻るか?」
    「ならば試して遣れ! ヘラ!!」
    「お前が言わなくも遣る!! 食らえ!!」
    ヘラが全コスモにレーピアを集中して、そして、コスモブラストが飛べ! 同じ時、アテナが杖からコスモ玉が飛ぶ!!
    二人の攻撃が激突! その衝撃波だけで周りの木を水平にしてしまった! 遂に燻っての力が爆発! 二人のマスクが飛ばせた、顔を見せた!
    アテナは優しい灰色の瞳と茶色の髪がある。 ヘラは不思議な暗い瞳と黒い髪がある。
    「どうだヘラ... 証を見せた。」
    「アテナ、確かに知恵の木が煉堂の象徴だ、だが、それは見せかける物が思わなかった...」
    「確かに天界を造りの時、知恵の木もその時、植わる。 地上界を私に託すの前にゼウスが私に聞いた 『アテナ、そなたの神衣(カムイ)を放す出来のことをませんか?』 
    「私がその条件を同意した。 ゼウスが私のカムイを二つ物を分裂させる。 一つがメティス、私のカムイの本質、二つが聖なる衣、私の鎧... 
    「そして、ゼウスがメティスを知恵の木に封印した。 私の聖衣がアテナ像に変った、そこでアテナ神殿を建てた。 後で十二宮殿と他の建造物を造れた。」

    これを聴いてヘラが思う 「何故ゼウスがアテナのカムイを封印するか? まさかゼウスがアテナが自分に対して反逆するの予知があるか? それとも他の理由があるか...?」
    「良かろう、アテナ! お前の力が完全に蘇った、ならば心置きなく、お前を殺す!!」
    戦いと知恵の女神がショックした、ヘラのコスモを燃やすのを感じる!! ヘラの後ろにオーラが見える!! それはゼウスが愛した女性達を天界の女王の怒りによって、殺す!!
    「死ね! アテナ!! デッドリ クライシズーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」
    ヘラの凄い技がアテナの胸に激突!!
    「きゃああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」
    アテナのカムイの爆発! ヘラの攻撃はアテナの体を燃える!! 遂にアテナの残れた屍が地面に落ちる!!
    「ほほほほ!!!! さらばだアテナ!!」
    ヘラはオリンポスへ戻りたい時!!
    「そこまで私を殺そうと?」
    「なに!?」
    ヘラはショックした、でも、アテナの声の為ではない、アテナの盾の為だ!!
    「D. C. の威力が盾の前に止めた!!」
    「ヘラ... もし私がまだ私の聖衣(クロス)を着た、D. C. の力が絶対に私を殺す、しかし、今神衣(カムイ)を着て、私の神具の全ての力が蘇った...」
    「確かにお前のシールドの力の噂が知る、だが、そこまで自分を守るのは知らない...」
    「ふ! 貴方が私の正義の盾の真の力がまだ見えません!!」
    「何!?」 ヘラがアテナのコスモを燃えてるのを感じる!!
    アテナの後ろにオーラが現れる!! 鎧を装着の戦いと知恵の女神(めがみ)は自分の盾によって、いろんな神と魔物を地上から追い出す!!
    「今こそ受けよ、ヘラ! このアテナの真の力を!!
シャイニング アイギスーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」
    これこそ女神(アテナ)の奥儀だ!!
    アテナの盾から大いなる光が飛ばす!!
    「きゃあああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!」
    ヘラが吹っ飛べ! 彼女のレーピアが数メートルからの地べたに落ちた!!
    ヘラが地面に激突、凄い苦しみを感じる。 彼女はまだ生きているが幸いだ、先のアテナの技がゼウスの技のも並び!!
    「ヘラ! 私はお前に仇をとります!!」
    「か... 仇だと?」
    「貴方がムー大陸を沈んだ!!」

第十一話 完。 
Episode 11 end.

第十二話 「アテナ! 約束の時!!」
Episode 12: Athena! The Time of Promise!!

    「貴方がD. C. によってムー大陸を沈んだ!!」
    ヘラが遂に立てる、笑えて言う 「ふ! 確かにムー大陸の沈むのはあたしの仕業だ! そうか! なぜあたしのD. C. を交わすの事を出来るのは分かる。」
    「お前のD. C.によって、全大陸の火山群は噴出する! 今は唯数島群が残して。 お前の所為で多くのムー錬金術師を殺す、そして、私のセイント達も!!」
    「ふ! 実はただムー錬金術師を殺すつもりだ、ギーガス達巨人族がセイントの傷ついた状態を利用して予想外だね。 ふふふ...」
    「ヘラ! 私のセイントの命の仇を!!」
    アテナがこんなに頭にきたのは初めてだ!!
    「一人とあたしと戦うつもりもその為か?!」
    「ヘラ! これだけを答えなさい、なぜ!?」
    「知れないか! アテナ!!」 今度はヘラの方が怒った!
    「お前が分かるはず! あたし達オリンポス神が地上から離れる時、ゼウスが地上界をあたしよりお前を託す! ゼウスが天界にいない時、天界があたしに預け、だが、天界の軍団の支配権がアポロンに!! あたしが本物の力はない!!」
    「確かに... 貴方は私に嫉妬する、それに私が地上を治める前に地上を守るあのオリンポス神も嫉妬するんだ。」
    「アテナ、本当に天界を破壊するのは気をつけないか?」
    「なに!?」
    「もしお前はゼウスに御前でなにをする? 本当にあのお方と戦うか!? もしゼウスがいなくなる、この宇宙の秩序がどうなるか!?」
    「ヘラ、もし地上の全ての人々を殺すと 宇宙の秩序がまだ有りませんか!?」
    「もしお前がゼウスを倒すと出来る お前のだけの力が宇宙を守るか? お前よく分かるはず、この世界にいろんな神や悪魔がこの宇宙を乗っ取りたい...」
    「私がこれだけが分かります。 こんな乱暴な、無慈悲な行動で新しい神々の時代を作成するのは許しません。 そして、その新しい世界が保護する価値もありません!!
    「ヘラ! もし貴方の仕業が後悔する、そして、私と共にゼウスを止めさせようと、貴方を許します。」
    「アテナ... ムーの沈むと巨人の戦い(ギガントマキア)を後悔しないわ! あたし後悔するのは昔にお前を殺せないよ!!」
    ヘラが自分の武器を取って言う 「アテナ、お前の方こそ止める必要だ!!」
    天界の女神が地上の女神に突っ込む、レーピアがアテナの心に目掛けて!! でも、アテナがまだ盾をヘラのレーピアをブロックした、そして、自分の杖でレーピアを斬り、真っ二つになった!!  !! でも、それはヘラの本物の攻撃ではない!
    アテナの周りに、コスモを見える! いや! コスモの目だ!!

    まるで孔雀の尾のようにコスモを造りの目が開いた! 
    「何これ!?」
    「あたしの最強の技だ! お前の神具がもう効く無い!!」
    「何!?」
    「死ね! アテナ!! デッドリ キャノンズーーーーーーーーーーーーッ!!」
    コスモの目から青い紫ビームが放射する!! アテナの盾と杖が失った、だが、攻撃がまだ続ける!!
    「きゃあああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!」
    アテナが全身に攻撃を受けた!! 彼女が吹っ飛べ、数メーテルの地べたに激突して、たくさんの血が流れる! 
    アテナが死んだかも知れないが ヘラはアテナの所で確かめる。 カムイのせいでまだ生きているかもしれない為、とどめを打つなければならない!
    ヘラが右手を手刀に成る、アテナの心に目掛けて! 
    「でやあ!!」 ヘラの手がアテナの胸に突っ込む!! でも、自分の胸にヒットする前に、アテナの左手がヘラの手刀を捕まえた!!
    アテナの右手からコスモブラストが放つ! そのブラストを交わす為、ヘラが後ろに飛べ。
    「アテナ、なぜお前がお前の聖闘士と共に死ねん?」
    「言ったはずだ、私のセイント達が神々と挑戦する!彼らは私に信任を持ってるように私も彼らを信じますから!!」
    沙織が凄い苦しみを感じる、額から血を流れる。 右手によって、その血を拭う、そして、自分の杖を呼べ、杖がまだ手に。
    「無駄だ! 今度は最後だ!!」
    ヘラが全コスモを燃焼する、膨張させる、天界の煉堂からオリンポスまで!!
    「デッドリ キャノンズーーーーーーーーーーーーッ!!」
    まだ小宇宙の目が出た!! アテナもコスモを燃える!! 目はビームを!! アテナが死ぬ!!
    いや!! 待って!! アテナの周りにデカイ命の玉が出た!!!
    その玉がアテナをビームから守った!!
    「馬鹿な!!!!」
    その時、ヘラがアテナの後ろにオーラが見える!! それはアッティカだ!! ポセイドンが三叉によって、泉を作り、しかし、アテナが聖杖によって、第一本のオリーブの樹が作りました!! アテナの左肩に一つの女神がある、勝利の女神、ニケだ!! 
    「ウイニング パルテンノーーーーーーーーーーーーーーーーーーッス!!」
    黄金の杖からアテナの全ての力がヘラへ放つ!! そのデカイコスモの力がヘラの胸に貫通する!!
    アテナが勝ちだ! 現代の初めの勝利だ、自分の力だけで。
    ヘラが間もなく死ぬ。 アテナが盾も取り戻す、ここから離れたく時、ヘラが 「ア... アテナ... なぜそこまで地上を守るのか?」
    「私は昔からあるの約束を守るの...」
    「約束...? 誰にこの約束を?」 
    アテナが返事しないで唯、微笑むんだ...

第十二話 完。 
Episode 12 end.

予告編

    オリンポス! 神々の故郷!!そこでアポロンとアルテミスがいる!!
    だが、ポセイドン戦うの相手はその二人じゃない!!
    その相手はゼウスとアテナにも並びの神!!

    大力神!! その名は!?

   聖闘士星矢 全能神ゼウス天界編
    Saint Seiya The Zeus Chapter  -  Olympus

    第十三話 「太陽神(アポロン)と月神(アルテミス)!!」
                   Apollon and Artemis!!
    第十四話 「驚き! 十二体の神衣(カムイ)!!」
                   Shock! The 12 Kamui!!

   きみはゼウスのコスモを感じたことがあるか!?
   HAVE YOU EVER FELT THE COSMO OF ZEUS!?
 
 

 第十三、十四話へ /ゼウス編へ帰り