Make your own free website on Tripod.com

第五話 「激突!雷鳥対鷲!!」
Episode 5: Violent Clash! Thunderbird vs. Eagle!!
 

    ギリシャ、聖域。

    魔鈴は自宅の前に立つ、鷲座(イーグル)の白銀聖衣を着て。
    「なんだ! 全世界にいろんな巨大のコスモを感じるわ!! でも、アテナもうサンクチュアリに戻った。 彼女が安全だ!
    「...そろそろ、あれをとっての時間みたいね...」
    突然、雷撃がきた!!
    「そうか... あの巨大のコスモたちがお前の仲間か?」
    「ふふふ... そうだ! 俺たち百四十の天闘士(オーラクル)こそが天界の軍団(バタリオン)だ!! 俺は大天使(アクーアンジェル)、雷鳥(サンダバード)のロメオ、九つの天雷将(サンダーラ)の一人!!」

    「サンダーラ?」
    「ギリシャ神話の中で天界の命を背くのだれかが大神ゼウスのサンダボルトに殺すされる... しかし、本当には、私たち九雷将を派遣する! ゼウスの最大の技、サンダボルトが、極端なケースでしか使用されない、多分、宇宙の危機の関わるだけかも。 神話にはゼウスが九つのサンダボルトがあることを記録するが、実は三つだけ...」
    魔鈴はロメオの天衣(ヘーロ)を見て。 全身を鎧によって守る、それに翼もある、まるで真の天使が地上に降臨しだ。
    「なれば、私を殺す?」
    「そうだ! ゴールドセイントが全員が死んだ。お前らシルバーとブロンズセイントだけがゼウスの企画を邪魔する。」
    「ふ! どうかな?」
    「おう... イーグル、お前の態度が面白い、間もなく、死っ!」
    徒然、魔鈴が消えた、そして、ロメオの後ろに出現! ロメオはパンチを! でも、後ろの魔鈴がまやかしだ! 魔鈴は空に、もう飛んだ! 魔鈴を追って、ロメオも飛んだ! でも、空の魔鈴が、また、まやかしだ!! 突然、下に攻撃が来る!!
    「流星拳!!」
    流星がマッハ10でロメオを打つ! ロメオを吹っ飛ぶした!! 数メートルからの石を激突する!!! 
    しかし、1,2秒後、ロメオは何も起こって無いみたいに立て。 魔鈴はこの光景を信じなれない、汗を始め出ている。 
    「ふ 魔鈴、先の態度がどうだ?」 
    魔鈴が飛んだ! 今度は本当だ!! ワシのように降りる、全コスモを右足の足指に集中して!! 
    「イーグル トウ フッ!!」
    今度はロメオが消えた! 彼はもっと上に!! 
    「お前は誰と戦ったとおもったか!? 俺は大天使! 真の空の攻撃を見せてやろう!!
    「サンダバード ヘブン ウインーーーーーーーーーーーーーーーーーーッグ!!」
    ロメオは天衣の翼をはためく、鳥のように空に飛翔する! 光速のスピードで頭にコスモを集中して、魔鈴の身を激突する!!

    魔鈴は地面に下り、クラッシュした、クロスが破砕する、全身から血を流れる!!     「見事だな...」
    「...な...に...」
    「お前ではない、お前の聖衣だ! もしお前のセイントのクロスの作り法がアテナの指示がないが、私の聖なる空の翼がもうお前を極楽に送った!!」
    大量の血を失って、魔鈴の意識を始め失い、最後に気絶する。 ロメオは右手を手刀に変えて、魔鈴にとどめを刺す!!
    「死ねーーーーーーーーっえ!!」 ロメオは魔鈴の首に割り込む、魔鈴の頭部が大砲球のように飛ぶ!! ロメオは彼女の頭部があるところに歩く。
    「ふ 奇麗な顔かな...?」 ロメオは魔鈴のマスクを取て。
    「うわああああああああああああああ!! 顔がない!!」
    ロメオは凄いショークした! でも、それだけではない! 後ろに魔鈴の体は!!
    「消えた!!」
    そして、魔鈴の頭部もゆっくりで消えた!!
    「馬鹿な!! この仕業は絶対魔鈴じゃない!!」
    「そうだ!!」
    「誰だ!?」
    「紅武聖闘士(カイザー セイント)!!」
    「紅武聖闘士だと!?」
    「最終聖戦の戦士の一人!! 帆柱座(マルス)の響!!」
    「なれば!! くらえ!!」 ロメオはパンチを! ロメオの拳が響の胸を通る、大量の血を流れる!!
    「なに!!」 ロメオは後ろにもう一つの響を見た! そして、右ももう一つの響を出た!! 上も!! いや!! その戦場に無数の響を現れる!!!
    「なんだこれは!?」
    「プラックサス デールション」 無数の響は曰く 「私の星座はマルス、しかし、現代に帆柱座はもう羅針盤座(プラックサス)を変えた! 俺を見つけるか? ロメオとやら!!」

第五話 完。
Episode 5 end.
 

第六話 「アテナの呼ぶ(こーリング)」
Episode 6: The Calling
     
    アテナ神殿。

    「アッキリス!!」 アテナはアテナ神像の前に叫ぶんだ 「アッキリスはおりませんか!!」
    「はっ アッキリスここに... 貴女の命令通りセイントたちが派遣した。 何か他のものがあるか。」

    「アッキリス そろそろ、それを持って行っての時間だ。」
    「それ?」
    「それは貴方だけが見つけるんだ」
    「私だけ... まさか!! それは!! それを!!」

。。。

    「ふ! 見つけるが必要がない!!」
    「何!?」
    ロメオはコスモを燃えてる、そして、サンダバードの翼から音を送る。 その音はこの戦場に広める!
    「なんだこれは!?」 響は手によって耳を覆う。
    「コローサル エコー」
    「耳を覆うと無駄だ。 エコーがお前のコスモを直接攻撃する! 例え、全ての感覚を失う、私の音を聞こえる!!」
    響は凄い苦しいそうだ。 一つ一つの響が消えた、最後に一つの響だけが見える。
    「ふ そこか、カイザー。」
    ロメオはまだ手刀を! とどめを!!
    「くっ!!」 響が右腕をブロックした!
    「お前はもう負けだ! もがきをやめろ!!」
    「こう簡単に死ぬか!?」
    「ちっ! 良かろう!!」 ロメオはまた飛んだ! 
    「サンダバード ヘブン ウインーーーーーーーーーーーーーーーーーーッグ!!」
    「このチャンスだ!!」 響はもっとの上に飛んだ!!
    「なに!?」
    「ロメオ! これはおまえの弱点だ!! お前はC.エコーとT.H.ウイングが一緒にを放つできない!!」
    「馬鹿!! お前は翼がない!! いつかおまえを殺す、それに私は天衣が守る!!」
    「どうかな?」
    「なに!?」
    「ロメオ、もう一つのまやかしが気を付けない!先は魔鈴が流星拳を打つではない、彗星拳だ!!」
    「なに!!」 ロメオの天衣が亀裂が! そして、早いに全天衣が破砕する!!
    「ロメオ... 多分魔鈴と私たちカイザーだけがおまえたち天闘士の天衣の秘密を知るだろう...」
    「何!? その秘密の機能が在るために、だから、私オーラクルが...」
    「ロメオ、おまえに言ってではないか。私セイントがアテナの指示を受けだ。 ここでおまえと構っている時間がない! 私達みんなが重要な使命がある!
    「これはお前の最後だ! カーディナル クローーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッス!!」
    響は右腕によってコスモの十字を作り出す! そのコスモの十字がロメオの胸へ攻撃する!!
    「ぎゃあああああああああああ!!!!!!!!」
    ロメオが斬りされた、体が四断片になれた!!
    この戦いが終わった響は魔鈴の自宅に入る。 魔鈴はベッドに、先は響がそこで魔鈴をおろす置いた。
    「魔鈴姉さん!!」
    魔鈴まだマスクを着て、でも響は魔鈴の顔を見て必要が無い。魔鈴は自分の姉さんがとっくに分かる。 魔鈴が気をついた。
    「響!私の弟!!」
    「姉さん!!」

    「私はずっとあなたに捜すんだ! どうしていちゃった?」
    「御免姉さん、アテナの呼ぶ(こーリング)の為に行けねばならん...」
    「こーリングとは...」 魔鈴が覚えた 「アテナの降臨によって、彼女の大いなる意志が聖域から全世界に広げる。その意志を感じた人が...」
    魔鈴は響の聖衣を見て曰く 「響!お前がカイザーセイントか!!」
    「はい! 私は帆柱座の聖闘士になった。 君は私を追って知りましたがカイザーに認める後、人に接触は禁止だ。私の体がスターバレイーの洞窟に封印した。」
    「そうか... 私姉弟二人ともアテナに仕えるか...」
    「御免。」
    「いや... 私こそ...」 魔鈴は外へそして空を見て曰く 「響、ここで別れだな。」
    「何!!」
    「私は行けねばならん!!」
 

第六話 完。
Episode 6 end.

予告編

    今こそ再び目覚め!
    今こそ再び戦う!!
    今こそ再びそれを装着!!!

    聖闘士星矢 全能神ゼウス地上界編 
    Saint Seiya The Zeus Chapter  -  Earth

    第七話 「ポセイドン! 再び!!」
                Poseidon!      Again!!

    第八話 「海竜(シイドラゴン)の失踪の謎!」
                The Mystery of Sea Dragon's Disappearance!

    きみはゼウスのコスモを感じたことがあるか!?
    HAVE YOU EVER FELT THE COSMO OF ZEUS!?
 
 

  第七、八話へ /ゼウス編へ帰り