Make your own free website on Tripod.com

第七話 「瞬! その戦い!!」
Episode 7: Shun! That Fight!!

    「黄金男(エル ドラード)... あるの人間が黄金国を齎すことが出来るの伝説!! 」
    「そうだ アンドロメダ!! お前もあのセイントの同様、ゴールドに成るのか?」
    「させない!! 僕はお前を倒す、そして、紫龍を助け!! 星雲鎖(ネビュラチェーン)!!!!」
    アンドロメダ聖衣の独特の技だ! 無数のチェーンがミーダスへ迫る!! しかし、ライトナーが恐れていない、二つの鎖を捕まえた!!
    「ふ!」 ミーダスが笑えた。 鎖がゆっくりで黄金に成る。 まるで魂を失った、星雲鎖が地べたに落ちた。
    「お前の番だ! アンドロメダ!!」
    瞬の頭にミーダスの拳が迫る!! 
    でも、その時、瞬は 「ローリングディフェンーーーーーーーーーーーーーッス !!!!!!!」
    ネビュラチェーンはゴールドを振り払う、そして、サークルチェーンが瞬の体の周りに回転して、自分の主人を守る!!
    「馬鹿な!!」 ミーダスの拳が跳ね返せた!
    「ミーダス、僕は馬鹿ではないよ! 僕はもうチェーンを守った!!」
    天闘士がよく鎖を見る。 瞬のコスモから気流(ストリーム)を放つ、チェーンを守った、まるでコーティングみたい!!
    「うむううう... ゴールデン タッチから生き延びるのはお前だけだ。 ならば遠慮をしない!! 
北斗七星陣!!!

    ミーダスがコスモを燃えてる、右腕に集中して、突然、その右腕に七つのギリシャ語の文字が見えた!
    「ドウベ!!」 ミーダスの叫びによって、ギリシャ語の文字のアルファが閃光した!! その光が瞬へ!!
    「ローリングディフェンーーーーーーーーーーーーーッス !!!!!!!」
    「無駄だ!!」
    ドウベの光がネビュラチェーンを通して、瞬の頭にヒットした!
    「ぎゃああああああああああ!!!!!!」
    アンドロメダのマスクが爆発した! 瞬が地ぺたに激突した、でも、次の攻撃がもう!!
    「メラク!! フェクダ!!」 北斗七星のベータとガンマが光る!!
    「ぎゃああああああああああああああああ!!!!!!」 瞬の体に三つの星の印がある!
    「大丈夫だ! 全ての七つの星印がお前の体に現れなければ、君が死ねない! メグレス!! アリオト!! ミザール!!!」
    「ぎゃあああああああああああああああ!!!!!!」 瞬の体にデルタ、イプシロン、ゼータの星印が来る!! 瞬が凄い苦しみを感じる、でも、彼はもう一度立てる、ミーダスの最後の技をブロークしたい。
    「止めだ! ベネトナーシ!!!!!!!!!!!!」
    でもその時!!
    七つの羽が七つのギリシャ語の文字に突き刺さる!
    「うう! 何これ!?」
    「七光将の死を記念する七本の羽だ!!」
    「だっ だれだ!!」
    「不死鳥!! 鳳凰星座(フェニックス) 一輝!!」
    「にっ 兄さん!!」
    瞬を無視して、一輝はミーダスの前に出た 「俺はお前の相手にする! 鳳翼っ!!」
    一輝の技が出さない! なぜなら瞬が一輝の拳を止めた!!
    「何のつもりだ、瞬!?」
    「兄さん、この戦いは僕の戦いだ!!」
    「何、冗談じゃないよ! その傷だらけの体で!!」
    「兄さん... 分かるだろう カノンがもう...」
    「ああ... 知ってる...」
    「僕達セイントの犠牲はもうたくさんだ、今後、何が起こったのも分からない、でも、もし僕はこの天闘士も倒せねば、どうやって神々を挑戦するか!?」
     「瞬!」 一輝は瞬の気持ちを分かる。 瞬の涙がもう流れない、でも、それは瞬が自分の感情を封印するではない、ただ、涙を流すヒマもないの訳だ。
    「分かった!」 一輝が笑えて言う 「兄さんの性急さを許して、この男がお前に倒す!!」
    瞬も笑えてる 「兄さん!!」
    「フェニックス! 生かせるか!!」
    「ふ! 俺より自分の天衣を心配するのほうがいい!!」
    「何! うっ!」
    「それはアンドロメダの封印だ!!」
    「良かろう... 次のライトナーがお前を殺す、絶対に! 鳳凰の死がこの日だ!!」
    一輝が次の堂へ消えた。 ミーダスはフェニックスの羽が外して、もう一度全コスモを!!
    瞬はまだ手を上げて、まだ、相手の技を。
    「止めだ! アンドロメダ!! ベネトナーシ!!!!!!!!!!!!」
    北斗七星のエータの光が瞬に迫る!! でも瞬にヒートする前に、ネビュラチェーンが電流が放つ、その光をブロークした!!
    「なに!?」
    「だれがチェーンが触れば一万ボルトに値する衝撃(ショック)を発する! でも、僕のコスモによって、その電流の放つが操縦を出来る...」
    瞬が両手の中間にコスモを燃えてる! 遂にミーダスが分かる、瞬の手が技をブロークする為ではない! それは瞬の逆襲の構えを!!
    「電撃しろ!! ネビュラよ!!」
    円鎖(サークルチェーン)が陽極(+)に成る、角鎖(スクエアーチェーン)が陰極(-)に成る!! 瞬の両手から放電を!!
    「ネビュラ ディスチャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッジ!!」
    「ぎゃああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」
    ミーダスのヘーロが爆発!! 体を吹っ飛べ、地面に激突した。 残すの電流の為、体が震わせる。
    「そう... そうか... もしフェニックスが邪魔されないが... 俺はもうその時...」
    死ぬ! 天闘士の震わせが止まった。

    一輝が遂に第六パーズに着く。 そこで亡者達は林檎の木に直面している...

第七話 完。 
Episode 7 end.

第八話 「死の記憶!!」
Episode 8: The Memory of Death!!

    「その木は『永生の木』だ! アダムとイブが一つの林檎を食べたの時は知恵の木の林檎だった。 エデンの園から追放さなかったら、そして、この『永生の林檎』も食べたら、アダムとイブは神に成る!!」
    「貴様はこのパーズの天光将か!?」
    「餓天使(ガットンニー)、蛇神(ナーガ)、イーデェウン! 行け、一輝!!」
    「なに?」
    「その木の林檎を食べて! ゼウス様が気にしないんだ!!」
    「ふ! 不死鳥がそのような林檎を食べて必要がない!! それほど誰かがそれを食べてほしければ 貴様は自分がそれを食べろ!!」
    一輝の食指によって、一つのパルスがイーデェウンの頭脳に刺さる!
    イーデェウンは林檎の木の下で歩いて。 彼は一つの林檎を取って。 亡者達はこれを見て、口から唾液が滴る。 ライトナーは林檎に噛む。亡者達は羨望的に唸って。
    しかし、突然、イーデェウンは食べた物を吐く! 彼は林檎を見て、林檎の内部は昆虫である、それに、その昆虫の目が光る!! 天闘士は林檎をおとし!! パーズの全ての亡者達が凄い苦しみのせいで叫ぶ!! 彼らの胃が破烈した! 無数の昆虫が亡者達の胃から出た!! それだけではない!! 木の林檎の内部から無数の昆虫も出る!! 
    昆虫達はイーデェウンに這う。 イーデェウンは囲まれる!
    「ぎゃあああああああああ!!!!!!!!!!!!」 昆虫達はイーデェウンに噛む、彼の肉を食べようと! 
    「ぐおおおおおお!!!!!!!」 昆虫達はイーデェウンの口に飛び込み、内部からの彼を食べてる為に!!

    「ぎゃあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」
    一輝はイーデェウンを見て、笑う。
    イーデェウンは周りを見て、虫がない! 「さっ 先は何を起こった?!」
    「鳳凰幻魔拳! 天堂で地獄の見た感想はどうだ?」
    「先は幻覚か! おのれ!!!」
    イーデェウンは小宇宙を燃える、
    「くらえ! 俺の最強の攻撃!!
コブラ プロポーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッズ!!」
    ナーガ、ヒンドゥー教の神話の蛇神が現れる! 両拳に全コスモを集中して、一輝にコブラの両頭が放つ!!
    「がやあああああああああああああああ!!!!!!!!!!」 一輝の胸にヒットした、チェストパーツのフェニックスクロスが爆発!!
    一輝は死んでいない、彼はもう一度立てる、だが、何がおかしい!
    「ふふふふ! ナーガの毒が貴様の全身を駆け巡る!! お前がもう動けない!!」
    一輝は自分の体を確かめる、肌が紫に成った、口の中に変な味を! 間もなく、フェニックスの聖闘士が死ぬ!!
    「一輝 お前の死がゆっくりで待つか...? いや! お前の死は今だ!!!!!!!!!!」
    イーデェウンは一輝へ走り、右手を手刀に成る、フェニックスの首を切る為に!
    でもその時!!
    一輝の周りにバリアーのようなものが出た!! 
    「なに!?」
    それは一輝の第六感からテレキネシスの防御だ!!
    一輝の口からもう喋られないでも、これを思って 「イーデェウンよ! 俺は動けない以上、容易い俺を殺せと 大間違いだぞ!! 俺は一人で死なんぞ!!」
    一輝はコスモを燃えて、自分の聖衣に送って!! 
    突然、鳳凰の三つの尾が動ける!! 
    「鳳羽天舞ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!」
    フェニックスの羽群がイーデェウンへ飛べ!! 
    「ぎゃああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」
    無数の羽が天闘士の体を切り裂く!! 遂にナーガのライトナーが地面に激突した!!
    「フェニックスの封印が出来た!!」 一輝が思った。
    「フ... フェニックス! 褒めてやるぞ!! もし俺のヘーロを封印する必要はなかったら 君の鳳羽天舞がもう俺を殺せた。 君のような戦士が天闘士に成れないが惜しい、未来の為、ゼウスが君のような戦士が必要だ...」
    「そのような馬鹿かな事が俺はやるか!?」 一輝の強い思いが天闘士に 「俺と俺の兄弟達がゼウスを倒す! アテナが地上が救う!! 絶対に!!」
    「ふ! 不死鳥の死の時が来た!!」
    「燃えろ! 俺のフェニックスのコスモ!!」
    「無駄だ! 貴様がもう動けない!! コブラ プロポーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッズ!!」
    でも!! イーデェウンの攻撃がヒットする前に一輝は遂に動ける、そして、C. P. を交わす!!
    「馬鹿な!!!!」
    「鳳翼天翔ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっう!!」
    「がやあああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」 イーデェウンの叫び! 鳳凰が彼を激突した!!
    間もなく死ぬのライトナーがこれを 「い... 一輝... 始めてそのような闘志が出会った、でも、お前よく分かる、今度は死から逃れるのは不可能だ...」
    遂にイーデェウンが死ぬ。 一輝は冷静だ。 彼は死ぬ前に一つの言葉を残して 「瞬...」

    「瞬?」 二歳の男が看護婦に聞く。
    「はい 一輝、それは君の弟の名前です。」
    「俺の母さんは大丈夫か?」 若いの一輝が眠った美しい母親に見える。
    「ふ! 光ちゃんが大丈夫です。 疲れて眠った...」 
    ナースさんが一輝の母と瞬の部屋から離れる。 突然、その時、天井に大いなる光(ライト)が照らす、まるで扉を開けるように! 一瞬にあるの男が来る!
    「誰だ!?」
    「ゼウスの天闘士(オーラクル)... 智天使(ケルビム) 、マージク、メーリン。」
    「俺の弟に何を!?」
    「君の弟? ふ! 違うよ...」
    「なに!? まさか!?」
    「私は君の母親を殺すの為に来た!!」
    「なに!?」
    「さあ! ぼうや! 退け!!」
    「いや!!」
    「良かろう! お前が先に死ぬ!!」
    メーリンがコスモのパルスが一輝を一瞬して倒した!! 間もなく死ぬの一輝がこれを最後に聴く 「お前の母さんがお前に後に追う! 一輝!!」

    「一輝!!」
    「兄さん!!」
    一輝が遂に目を開いた。 彼は紫龍と瞬を見える。
    「何を起こった?」
    「兄さん、君は危うく死を免れる! 熱のせいで君はずっと母さんの事を喋られる...」

    「そうか... ふ! 俺は忘れた。 瞬、俺は昔の前に言った、私達の母さんが誰かによって殺された と。 俺はずっとその誰かが覚えることが出来なかった、でも今、俺は覚えてる! メーリンだ!!」
    「何だって!!」 瞬が信じられない!!
    「なんと!!」 紫龍もショークした!!
    「で でも、なぜメーリンが!?」
    「分からない... でも一つのものがはっきりだ。 メーリンのおかけで俺こそ鳳凰星座(フェニックス)の聖衣(クロス)を装着出来る。 俺は確かにあの日で死んだ、だが、どうにかマージク天衣(ヘーロ)の不死身機能が俺に渡した。 俺のコスモがあの日に目覚めだ...」
    「兄さん そうか...」
    「瞬! 俺はイーデェウンの拳によって、死んだはず! 誰が俺を救った!?」
    「紫龍です! 紫龍は兄さんの生命点に突いた、そして、毒の血が流れさせた。」
    遂に一輝が立てる、紫龍に笑えて言う 「俺は礼を言うまい...」
    紫龍も笑えて言う 「時間の無いのせいだな...」
    これを見て瞬が微笑むんだ。

。。。

    「アダッド!」 あるの天闘士が叫ぶ 「六人の天光将が倒れた... まさかそのセイントは...」
    「いや...」 電撃馬(ボーラク)の天闘士が言う 「大丈夫だ。 俺達みんなが良く分かる。 誰でも人も神さえもメティスのところに到達するのことを出来ない。 罪の円を越えるものは一つも無い。 最初から彼らの戦いが無駄だ... はははは...」

第八話 完。 
Episode 8 end.

予告編

    神話の時代からその存在は伝説の中に...
    神話の時代のだけにそれを装着! 
    今こそ、その凄まじいの力を目覚めたの時だ!!

   聖闘士星矢 全能神ゼウス天界編
    Saint Seiya The Zeus Chapter  -  Olympus

    第七話 「大いなる彗星(シュープリーム コメット)!!」
                Supreme Comet!!

    第八話 「アテナの神衣(カムイ)!!」
                Athena's Kamui!!

   きみはゼウスのコスモを感じたことがあるか!?
   HAVE YOU EVER FELT THE COSMO OF ZEUS!?
 
 

 第九、十話へ /ゼウス編へ帰り