Make your own free website on Tripod.com

第五話 「目標」
Episode 5: Goal

    「カノン!!!!!!!!!!!」 瞬が叫ぶんだ、カノンの心臓を貫くのを見て。
    笑えたのヘカテーは 「言ったはずだ。 お前の番だ!」 瞬に!!
    初めてこんなに頭にきた瞬が言う 「カノンの仇を!! ネビュラチェーっ!!」
    その時、アンドロメダ セイントはカノンの体からコスモを感じる! 
    「何だ! これは!?」 ヘカテーの叫びの番だ 「カノンの体から小宇宙を感じる、だが、少し違う!! 何を起こった!?」
    カノンはゆっくりで立て言う 「ヘカテー... お前は俺と兄の事を良く分かったな、しかし、俺の名の本当の意味が分かるか?」
    「ふ! もちろん!! 『カノン』とは 聖闘士の傷を治すの島の名だ。 聖域がまだ建設中の時、あるのセイントはその島を発見した。 その『カノン』の意とは 『掟』。 その島の掟(カノン)はアテナのセイントだけがその島に行くことが許す。」
    「確かにカノン島の意味はそれだ、しかし、俺の名の意味がそれではない!」
    「なに!?」
    「 『カノン』 がもう一つの意味がある、『対位』。」
    「なに? 『対位』だと? まっ! まさか音楽の 『対位法』 か!!」
    「そうだ!」 カノンが笑って言う 「対位法とは よる多声音楽の作曲技法、またその技法による楽曲。 主題となる旋律を奏する先行声部を、後続声部が模倣し追行する。 もしその模倣とは繰り返して行こうととする、その旋律とは永遠に成る!!」
    「永遠か!?」
    その時、カノンがコスモを究極まで!! だが!! ヘカテーは二つのコスモを感じる!!

    「馬鹿な!!」
    「ヘカテーよ! ジェミニのクロスが破壊した、だが、俺の兄の魂がまだここにいる!!
    その時、元の双子座の黄金聖闘士のイメージがカノンの後ろに見えた!!
    「サガ!!」 瞬の叫び!!
    「ヘカテーよ! 銀河系の爆発を浴びろ!! 
ギャラクシアン インフィニティーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」
     カノンが先にギャラクシアン エクスブロージョンを、そして、一つの心拍の時間を経て、サガもギャラクシアン エクスブロージョンを放て! 繰り返し繰り返しの銀河の爆発がヘカテーに!!
    「ぎゃああああああああああああああああ!!!!!!!!!」
    その爆発が無限に続けるみたい、でも、遂にジェミニの兄弟がその爆発を止めた! ヘカテーの体の肉も一つを残ってない。
    その時、カノンが笑えた、そして、言う 「兄さん...」
    カノンが倒れた。 彼の小宇宙、サガのコスモも、彼の生命力、サガのイメージも、全てをゆっくりで消えた。 
    瞬がカノンへ走る、そして、言う 「カノン...」
    カノンが微笑みを曝す。 瞬が分かった、カノンの気持ちを、一つの言葉を話すのは必要もない。 ジェミニのセイント達の最後の戦いが瞬への鑑だ、最後に戦おうと諦めないで!!
    カノンが目を閉じて、遂に、かつて双子座のセイントの二人は逝った...

    四人のブロンズセイントが第三堂に着く。 そこで煙が満ちている、亡者達はさ迷う、だが、次のパーズへの道が明確である。
    「怒天使(ラース)、鶯(プッロッキニ)、ハマーン。」 このパーズのライトナーが現れた、剣を持って。 ハマーンがセイント達を攻撃したいの時、突然!!
    「グレートキャプチュアー!!!」
    「なに!?」
    サークル チェーンがハマーンの体を巻く、硬いに彼をホールドする、例え熊もこの罠から逃げる事はない。
    その時、瞬達が次のパーズへ走る、最後に瞬は 「星矢! 君は言ったのように、ここが君に任せろ!!」
    三人が消えた、ハマーンの罠も消えた、だが、名のように、怒天使が凄い憤怒した!!
    「ハマーン、俺はお前の相手だぜ!」
    「そこまでに死ねようととするか! 良かろう! 受けてみろ! 炎の剣!!!
    「なに!?」
    実はハマーンの剣は唯の剣ではない、ファイヤソードだ!! 
    「シャヤアアアア!!!!」 ハマーンは剣を振る、星矢の胸に!! だが、ペガサスのセイントは後ろに交わした!
    「シャアア! シャアア!! シャアアアアア!!!」 剣の先端が星矢の頭に、腕に、足に迫る!! 間一髪のところでその三つの攻撃を交わした! 遂にハマーンは星矢の体に二分を切る為に剣を上から下へ!! 星矢は左のARM GUARDをブロックした!
    「ぎやああああああああああああ!!!!!!!!」 剣の炎が星矢の左腕を燃えた!! 
    ペガサスのセイントは蹴りを! ハマーンは喜んで後ろに飛ぶ。
    燃やされた腕の苦痛のせいで星矢は歯を食い縛って。 もし聖衣が無ければ 絶対III度の熱傷だ!!
    「哀れな...」
    「何!?」
    「お前だ、武器を持ってないで俺と戦う、それは哀れだ...」
    「俺達セイントが武器を使うのは禁止だ!」
    「何それ! アンドロメダは鎖があるではないか! それだけではない。 他のセイントはいろんな武器を持ってではないか! 俺の剣と同じではないか!?」
    「違う!! 天秤座の武器だけは本物の武器だ! アンドロメダの鎖が操縦できるの装身具だ!!」
    「なに!?」
    「たとえば 世界にいろんな武器があるけど、バトンの攻撃力と銃の攻撃力の差は大違いだぜ。」
    「では、お前はライブラの武器が銃のような確実の死の攻撃力があると言う。」
    「そうだ! ライブラの武器の力は高い過ぎる。 クロスの装身具の攻撃力が操縦できる。 女神(アテナ)は何時も平和の為に戦う、殺戮の為ではない!!」
    「ふ! アテナは甘い過ぎる! 例えゼウスの命がお前達セイントを殺すと下さねば、俺はお前達を殺れ! 死ね!! バーニング ヘブンーーーーーーーーーーーッ!!」
    ハマーンの剣から火炎放射が星矢に迫る!! その炎が絶対星矢を燃え尽くす!!
    でも、その時、星矢が消えた!!
    周りを見て、ハマーンは星矢を見つけない!
    「ここだ!!」
    ハマーンは見上げて! 星矢は翼を生えた!!
    「食らえ!! ペガサス流星拳ーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!」

    星矢を潜る、必殺の技を放て!! 
    何百万の星矢の拳によって当られるだがハマーンは自分の剣の後ろに隠れ! 彼は待て、ついに星矢の動きが近い!!
    「シャアアアア!!!!!」
    「ぎやあああああああああ!!!!!!!!!!」 ペガサス聖衣の左肩パーツが爆発した! 星矢が地べたに激突した!!
    「ふふふふ...」 ハマーンがゆっくりで歩いてる。
    「くっ!」 星矢が凄い苦しみを感じる! もう駄目だ!! ハマーンは剣を上げて!!
    「止めっ! なに!? ぎゃああああああああ!!!!!!!!!」 ハマーンの叫び!!
    ハマーンのヘーロも爆発だ!!
    「くっ! なぜだ? なぜヘーロが戻れない?」
    「紫龍はもうお前達の鎧の特徴が俺達に教えた!」
    「何!?」
    「最初のヒットは彗星拳、ペガサスの封印だ! 次の拳は流星拳、お前の天衣を破壊する為に。」
    「チっ! 俺は剣をまだ持っている!! 死ねーーーーーーーー!!」
    ハマーンがもう一度炎の剣を! でも、その時、星矢はまた翼を!!
    「ペガサス ガイザー ブレイーーーーーーーーーーーーーーーーーーック!!」
    星矢の足から百万の蹴りを!! 鳥のように飛べ!!
    「ぎゃああああああああ!!!!!!!!!!!」
    噴泉にかかったように、ハマーンが数メートルの宙で吹っ飛べ! 炎の剣もヒットした! ハマーンの武器が消えた! 天光将は地面に激突した、間もなく死ぬ。
    星矢は着陸する、翼を収める。
    「ペ... ペガサス、俺の力は確かにお前より強いんだ、何故俺は負けだ!?」
    「ハマーン...」 星矢は振り返り無く、背がハマーンに向けて言う 「俺は目標が有るからだ。」
    「な... に...?」
    「男として、する事を決まったら 躊躇い無く目標へ行こう! 俺の使命はメティスを探すんだ。 例えメティスのは何物かを分かる必要が無い、唯メティスの所へ着く。」
    この言葉を聞こえる後、プッロッキニのライトナーが死ぬ。
    星矢は次のパーズへ行こうとすると、亡者の歌声が聞こえる。
    「Pa-ee-an Ee-eh Pa-ee-an」 
    これは歌の詩だ。 星矢はそれを聞こえる、懐かしい感じを...

第五話 完。 
Episode 5 end.

第六話 「アメジスト対ダイモンド!!」
Episode 6: Amethyst vs. Diamond!!

    第四パーズで亡者達は止められないで走る、それだけではない、紫龍と瞬も走る続ける! 紫龍の拳によって、この堂の番人が退けさせた、次のパーズへ。
    「そうか お前が俺の相手か?」 キグナスセイントは言う。
    「私は懶天使(スロス)、宇宙亀(アーマナ)、アントーン...」
    「私はキグ...」
    「いや... お前の名は知る必要がない...」
    「そうか... ならば俺の技の名を知ってるべきだ!! 
ダイヤモンドダストーーーーーーーーーーーーーーッ!!」
    氷の水晶が懶天使へ迫る! 遂に、アントーンの氷の像が形作る!
    でもその時、アントーンは 「やはり...」
    一瞬して、アントーンの体に付ける氷の水晶が吹っ飛べ!
    「なに!?」 氷河は叫ぶんだ、でも、ただ自分の技を効けないの為ではない、自分の右腕が凍りついた為!!
    D.D.を放つ時、アントーンも自分の凍気を。
    「お前の技が絶対零度の拳、しかし、その拳が俺にはムリだ。」
    「くっ!」 氷河はもう右腕の感覚を失った。
    「どうだ? 今こそ自分のヘーロが身を着けたいか?」
    「ふ! 俺のほうこそその疑問を...」
    「何!?」 自分の天衣を見て、アントーンは遂に分かった!
    「この名も知ってるべきだ! キグナスの封印を!!」

    「良かろう! この天闘士の真の力を見せてやろう!!
アメジスト リポーシングーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」
    紫の水晶が氷河に迫る! キグナスのセイントは凍気によって自分を守りたい、だが、効かない!!
    「無駄だ! 俺のアメジストの技がお前の技よりもっと絶対零度に近い!!」
    やがて、氷河はピラミッドとして形づく紫の水晶で含まれている! 白鳥座の聖闘士は透明ような樹脂に含まれている昆虫みたい!
    「ぐううう...」
    「セイントよ! お前の名を知りたくないの為はこれだ! 私の美術作品は名が要られない!! はははは!!!!!」
    「ぐううう...」 氷河は自由を取りたい、だが、駄目だ。
    「ふ! この走り続けるの亡者達よりお前は幸せだ!!」
    「アン アントーン、せめてこれを答えろ! もしその亡者達が完全に罪を浄化した後、究極の喜びを得たのはどういう事だ?」
    「ふ! 彼らはこの煉堂から離れ、そして、究極の神楽へ。」
    「神楽だと! まさか!!」
    「そうだ! 煉堂の四川の上流、エヌオエの彼方にあるという神々の故郷!! オリンポス!!!
    氷河は無声に成る。
    「大丈夫だ! お前の体と魂がここに留まる、たまに神々はお前を見舞う!! ははははは!!!!!」
    「アントーンよ! ここに留まるたまるか!! 俺と俺の兄弟達は絶対オリンポスへ辿り着く、そして、神々と挑戦する!!
    「アメジストの獄で気をくるっ!」
    その時、氷河はコスモを燃えてる、そして、紫のピラミッドがひびが出た!! 
    「何!?」
    遂にピラミッドが壊した、氷河が自由だ!
    「どうやってそれを出来るか! まっ まさか絶対零度以上の力か!? まさかこのセイントが聖魔零度の力を近づく!! でっ でも!! 聖魔零度は神々だけが使う力だ!!!」
    氷河が全コスモを左の手の平に、そして、多い角の水晶玉が形作る!
    「アノトーンよ! 真の氷の闘技を見せてやろう!!
クリスタル ジェットーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」
    水晶玉が発射、そして、スロス ライトナーの体を貫く!!
    「ぎゃああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」
    氷河はここから離れたくの時、アントーンは 「さ... 先の攻撃はいったい?」
    「もしダイヤモンドダストは 「散」  先の技は 「集」 キグナス 銃撃の拳!!」

。。。

    紫龍と瞬が速いスピードで疾駆する、遂に第五堂に着く。 そこのライトナーが立塞がる! 瞬は 「ここに僕にお任せ!」
    「分かった! でやあああ!!!!」 紫龍は拳を天闘士に! でも! ライトナーが消えた!!
    ゼウスの戦士がもう跳べ、そして、蹴りを! 紫龍はドラゴンの盾を!!
    「紫龍!!!!!!!!」 ライトナーの蹴りの力は紫龍の盾が完全に破壊した!!
    「大丈夫だ、瞬! 盾が砕けたけど、腕が万全だ!!」
    「どうかな...」 天闘士が笑えて言う。
    「何!?」 ドラゴンのセイントの左腕が黄金になる!! 
    そして、一秒後、紫龍がゴールド像に成る!!

    「何これ!!!」
    「ゴールデン タッチ... 私は触ったものは一瞬して、黄金(ゴールド)に成る...」
    「ならば 君は!?」
    「貪天使(グリード)、黄金男(エル ドラード)、ミーダス!!」

第六話 完。 
Episode 6 end.

予告編

    瞬の誕生の本当の真実は?
    そして、瞬と一輝の母の名前は!?

   聖闘士星矢 全能神ゼウス天界編
    Saint Seiya The Zeus Chapter  -  Olympus

    第七話 「瞬! その戦い!!」
                Shun! That Fight!!

    第八話 「死の記憶!!」
                The Memory of Death!!

   きみはゼウスのコスモを感じたことがあるか!?
   HAVE YOU EVER FELT THE COSMO OF ZEUS!?
 
 

 第七、八話へ /ゼウス編へ帰り