Make your own free website on Tripod.com

第三話 「第二堂(パーズ)の激戦!!」
Episode 3:The Fierce Battle of Second Purge!!

    「瞬が遂に第二堂に辿りつくけど、そこで誰も居ない。 
    「なに!?」 地面に見て、彼は 「これはキグナスのマスク!! まさか氷河は!?」

    その時、瞬が懐かしいコスモを感じる。

。。。

    「紫龍... 紫龍...! 紫龍!!」
    「シュラ!!」
    「紫龍、どうした? 戦いが始まるばかりではないか?」
    「分かります、しかし、彼のヘーロが戻る限り、それを破壊できない...」
    「ならば、ヘーロを破壊しないで!! 紫龍、俺は君を信じる。 俺達ゴールドセイントみんなが全てを君達に託す! もう一度立ち上がれ!!」
    そして、遂に紫龍が彼の無意識状態から目覚めた。 ニムロドが紫龍から離れようとする時、ドラゴンのセイントの立つのを見えた!
    「馬鹿な! アイツは死んだはず!!」
    「ニムロド、私は何回でも地獄の門を旅した! 例え地獄へ行くことを私に敗北させなかった! 私はお前に倒れてたまるか!!!」
    「どうかな? お前は何回試みでも俺のヘーロを破壊できないぞ。 地上界へ戻れ! やはり、天界とは お前達ブロンズが来るべき所ではない...」
    「この紫龍、戦場から逃げる事も一度もない!!」
    紫龍はもう一度小宇宙を燃焼する!! アラクニの天闘士が笑えた。
    「廬山昇龍覇ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっあ!!」
    もう一度、紫龍の技を! ニムロドは交わす事もブロックする事もしない!! 紫龍の拳が命中した、でも、今度はヘーロが破壊しない、例え少しのひびもない!!
    「ふふふふ... この程度か? お前達ブロンズがどうやってハーデスを倒せるか? 多分まぐれだな...」
    「どうかな...」
    「なに!?」
    「もう一度天衣を見ろ!!」
    天光将が自分のヘーロを見て 「なっ 何これ!?」
    彼は自分の鎧に印がある!? その印の姿は龍!!

    「ニムロド! お前の天衣を破壊出来なければ私はヘーロを封印する!!」
    「なに!?」
    「お前は言ったではないか、天衣(ヘーロ)は何度でも復活する、天界の光があれば。 しかし、それはどういう事か? 天衣(ヘーロ)が復活出来るのはコスモが必要だ。 それでは天界の光こそが天衣(ヘーロ)の復活のコスモの源、だが、もしそのコスモをブロックしたどうだ!?」
    「それではまさか!?」
    「そうだ! 先の昇龍覇はお前を殺すよりコスモの封印を造り、ドラゴンの封印だ!!」
    「俺はそれを信じられない!!」 ニムロドは紫龍へ走り、ドラゴンのセイントの頭に拳を! だが、紫龍はその拳を交わす、ニムロドに蹴りを!! ニムロドが吹っ飛べ、地面に激突した!
    天光将がゆっくり立て、でも、彼は変な感じを覚えた。 その感じは苦しみだ!!
    「なに!? 苦しみ!?」 彼はもう一度、龍の印を見て 「まっ! まさか!?」
    「そうだ。 ドラゴンの封印はお前のヘーロの備えた治す能力も封印した。」
    「おのれー!!」 ニムロドはもう一ど拳を、でも、紫龍また交わす事を。
    「ニムロド、メティスはどこだ?」
    「言ったではないか! この丘に有る、だがお前達セイントは決してそれを取れん!!
キラー ファングド スパイダーーーーーーーーーーーーーーァ!!」
    もう一度、デカイ蜘蛛が紫龍に迫る、しかし、今度は紫龍がドラゴンの盾によってニムロドの技がブロークした!!
    「聖闘士に同じ技は 二度も通じない。 天雷将(サンダラー)の魂達はお前にそれを伝えないのか?」
    「何!?」
    「廬山龍飛翔 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっう!!」
    「ぎゃああああああああああああああああ!!!!」 遂に天龍が天光将を殺した!!

    紫龍は第一のパーズから去り、第二のパーズで着く。
    「おかしい... 星矢達は?
    「なに!?」 紫龍は地面に見て言う 「これはペガサスのマスク! まさか星矢は!?」

    「そうだ!! そのまさかだ!!!」
    「このコスモ!? おまえか!? 一輝!!」
    一輝はニーオ鳳凰星座(フェニックス)クロスを着て出た。
    「星矢は死んだか?」
    「ふ! そうだ! 俺はアイツを殺した!!」
    「何だと!? 人騒がせな事するな!!」
    「星矢だけではない、氷河も死んだ... お前もな...」
    突然、フェニックスのセイントがドラゴンのセイントに拳を!! 紫龍は左の腕にブロックした! 彼は一輝の目を見て、一輝が本気だ!!
    「なぜなんだ 一輝!?」
    「簡単な事だ! 天界に来てアテナよりゼウスのほうが唯一絶対最高神である事を悟った!!」
    「何だと!」
    「それだけではない! 天闘士(オーラクル)こそ最強の神の勇士であることを分かった!! 俺はゼウスさまに仕える事に決めた、天闘士(オーラクル)として!!!」
    紫龍は始めにこんなに頭にきた! 彼は 「だとしたら... だとしたら! だとしたら、なぜ天衣(へーろ)を着ないのか!?
    「ふ! まだ分からんのか、紫龍? 何故俺はこの鳳凰星座(フェニックス)クロスを着て出来るのは 全て全能神ゼウスさまの御蔭だ!!
    「なんと!?」 紫龍は凄いショックした!
    その時、一輝がコスモを燃焼する、必殺技の準備を!! 
    遂に落ち着いた紫龍は 「一輝... 分かった。」
    紫龍は全コスモを、髪の毛がすべて端で飛んでいる!!
    「死ね! アテナのセイント!! 鳳翼天翔ーーーーーーーーーーーーーっう!!」
    「廬山昇龍覇ーーーーーーーーーーーーーっあ!!」
    鳳凰が紫龍に! 天龍が一輝に!! 遂に鳳と龍が激突しだ!!!
    いや! 待って!!
    全てを止めた!
    「ああ! 瞬!?」
    「紫龍!?」 
    両方も何が起こったのは分からない。 
    「瞬! 本当にお前か!?」
    「紫龍! 僕のほうこそ!! ここに辿り着いて、兄さんが出会った。 兄さんは僕を殺せと。 僕はその人が絶対兄さんではないと決まった。 全力で技を...」
    「ならば、俺達の技が俺達二人を倒せるはず。 なぜが全てを止めた...?」
    「ああ! この小宇宙!! まさか!?」
    突然、紫龍と瞬一緒に倒れる! ヘカテーが遂に現れる。 彼は言う 「そろそろ、姿を見せる時間ではないか?」
    「良かろう... 姿を隠しのは必要がない...」
    「やはり、お前か!」 ヘカテー笑えて言う 「神を傀儡王に使う男、双子座(ジェミニ)のカノン!!

第三話 完。 
Episode 3 end.

第四話 「種(シド)と芽(バド)」
Episode 4: Seed and Bud

    カノンが双子座(ジェミニ)ゴールドクロスを着た。 彼の足元で四人のブロンズセイントが無意識状態に入った。
    「ドラゴンとアンドロメダの動きを停止したのはお前の仕業か?」
    「そうだ、 俺の力であの二人の体を麻痺した...」 カノンは笑えて言う 「お前に同じ事をするのは好むか?」
    「ふ! 俺は唯のオーラクルではない、ライトナーだ!! 食らえ!!!
ブーツゥー ゴシック カーーーーーーーーーーーーーーーーーーッス!!」
    「馬鹿! お前の技をもうとっくにっ!
ぎゃあああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!
    双子の黄金聖闘士が吹っ飛べ、数メートルからの地べたに激突しだ!! 彼は跪いて、血を吐く 。
    「そうか 先の V. D. カースの力があの四人に分けれて、でも、俺に迫ったV.D.カースの力は全力だ!」
    ヘカテーはカノンに歩いてる、そして、彼は 「ふ! 今こそ分かったら、遅い! 死ね!!!」 
    天光将は右手を放て、カノンの心臓を引き出す為に!! 
    でもその時!!
    「幻朧魔皇拳ーーーーーーーーーーーーーーーーーーっん!!」
    右手から、カノンが最強の魔拳を放った!! ヘカテーは麻痺させた、そして、指示の準備が出来た操り人形のように!!
    「ヘカテーよ どうやってメティスを取る?」
    ヘカテーが無声になる。
    「答えろ!!」
    「メティスに有る所は罪の円(リング オブ シン)を越えて必要だ...」 ライトナーが不本意に答えた。
    「そうか 私にメティスをどる手間省けしよう。 お前が俺の代わりにメティスを取れ!」
    「!!!!」 ヘカテーはショークした、動けん!
    「行け!!!」
    遂にヘカテーが消えた、そして、三秒後、戻った、袋を握る。 彼はその袋をカノンに渡した。
    カノンはその袋を開けて、右手を袋の中に。
    「何だ?」 カノンが触った物は 「これは髪の毛ではないか...」
    彼は袋の中に物を取り!
    そのものはアテナの首だ!!!!!!!!!!!!!!!!

    「なに!?」
    「ははははは!! お前のかわりにアテナを殺した!!!
アテナの首こそメティスだ!!!!」
    カノンがスゴイショークしたでも彼は目を閉じて、そして、一秒後、その目を開いた。 彼はアテナの首を握ったではない、ジェミニのマスクだ。 彼はマスクを放す。 マスクは地べたに転がる、カノンとヘカテーの間に。 邪悪の顔がヘカテーに向けて、正義の顔がカノンに向けて。
    「そうか 先はお前に行かせるの間で、お前はこの幻影を作った...」
    「多分昔の相手はお前の幻朧魔皇拳が効く、だが、俺には効かない。 罪の円(リング オブ シン)の事をお前に教えがお前の死の贈り物だ...」
    「良かろう! 俺は礼を言う、これにな!! 
ギャラクシアン エクスブロージョーーーーーーーーーーーーーーーーーッン !!!!」
    最強の小宇宙の技だ! その力は星星も破壊した!! 天光将の周りに爆発の惑星が見える!!!
    ヘカテーのヘーロが始めにひびが!
    でも、その時!!
    ヘカテーは両手にG.E.のエネルギーを抑制する、そして、数秒後、その力が消えた!!
    「なに!?」
    「言ったはずだ。 俺はお前の昔のような相手ではない。 お前は知っていないが。 私はお前と双子の兄サガの事を良く分かった...」
    「なに!?」
    「カノン、お前は自分の私欲の為にかつて海王(ポセイドン)を利用した、だが、お前はとっくに他の神に利用した。 お前とサガはただあの神々に使うの歩兵(パーン)だ。」
    「どういう事だ!?」
    「全ては十三年前から始めた。 聖戦始まる前に、冥王(ハーデス)はアテナの軍隊を弱める為に恐ろしい計画をした。 ヒュプノスはサガに悪の芽(エビル バド)を植えた、そして、その芽を開花させたのはお前だ。 遂にサガは二重人格者に成った、教皇シオンを殺した、それはセイントの内乱の引き金だ。
    「タナトスはお前に悪の種(エビル シド)に植えた、その種がお前にアテナから地上界の支配権を取りたい。 ついにサガはその種を芽生えてさせた。 お前はスニオン岬の岩牢で幽閉した、それはポセイドン聖戦の引き金だ。
    「最後にハーデスはアテナと聖戦をした、かつて死んだセイントのも使用した! ふふふふ... 神話の時代から、ハーデスはいつもこのような仕業を...」
    「ヘカテー... 最後にハーデスは負けだ、ゼウスのも同じ宿命に落ちる。 私は誰でもより分かる! アテナの愛こそ勝利への力だ!!」
    「カノン... アルテミスのようなオリンポス神が無訳にゼウスの臣下に成ったのか? ゼウスこそ全知全能の神! 俺達は良く分かる、アテナのも。 だがな、一つのものが例えアポロン達が分からない... 
    「ふふふふ... ハーデスのも歩兵(パーン)だ!」
    「なに!! どういう事だ!?」
    「お前のような男が分かられない。 お前がここで死ぬが調子いいだ。 セイントの中でお前が一番嫉妬の罪を有罪(ギルティ)! これこそシェーシ ライトナーの真の技だ!! 
メガトン トマハーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーック!!」
    ヘカテーは跳べ、逆さまに潜る、頭がカノンに目指せ! ミサイルのようにヘカテーは全コスモを集中して、猛鳥の嘴に! 
    「ぎゃあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」  ジェミニの聖衣が完全に破壊した! 天光将の究極の技が20メートルのクレーターが作った!! 多いの塵が燻って。
    ヘカテーはクレーターの中心にいるカノンへ歩いて言う 「死んでいないのか、カノン... ゴールドクロスのせいか? お前は兄サガに礼を言ったはず、でも、もうその時間がない! 止めだ、カノン!!」
    ヘカテーがもう一度右手を! でもその時、何物がその手を止めさせた!!
    それはアンドロメダの円鎖(サークル チェーン) !!
    「そうか 気をついたのか、アンドロメダ。」
    「カノンを殺せるたまるか!!」
    「ふ! 良かろう、貴様を先に殺れ!!」
    ヘカテーは円鎖を切りたい時、カノンは 「ヘカテーよ! お前の相手は俺だ!!」
    「カノン!」 瞬の叫び! 彼はカノンがゆっくり立てのを見た。
    「瞬、アイツを放せ!」
    「でも...」
    「お前は良く分かった、俺はお前の味方ではない! チェーンを収めろ!!
    「...カノン、分かった。」
    自由に成ったヘカテーがカノンを見て言う 「この戦いを続けるか? 出来るかな? カノン...」
    「ヘカテー、俺の聖衣は破壊した、でも、お前の天衣を無傷ではないよ!」
    「なに!?」
    瞬はヘカテーのヘーロを見て、ジェミニの印が有る!!
    「これは!?」
    「ジェミニの封印だ!! お前のヘーロがもうお前を助けない!!」
    「そうか、先のG.E.か? だが、先は言った! お前はもうクロスがない!!」
    「がやああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!」 カノンの叫び! ヘカテーがカノンの心臓に拳をヒットした!!
    「カノン!!」 瞬が叫んだ!!

第四話 完。 
Episode 4 end.

予告編

    聖闘士(セイント)は武器を使うのは禁止だ、でも、それは本当にどういうことだ?
    そして、煉堂の真の意味は?

   聖闘士星矢 全能神ゼウス天界編
    Saint Seiya The Zeus Chapter  -  Olympus

    第五話 「目標」
                Goal

    第六話 「アメジスト対ダイモンド!!」
                Amethyst vs. Diamond!!

   きみはゼウスのコスモを感じたことがあるか!?
   HAVE YOU EVER FELT THE COSMO OF ZEUS!?
 
 

 第五、六話へ /ゼウス編へ帰り