Make your own free website on Tripod.com

第二十七話 「最後の審判!!」
Episode 27: The Final Judgment!!

    聖域。

    「くそっ!」 アテナ神殿に立てる那智が叫ぶ 「エーリ彗星がまるで月のようなデカイ、もし月以上に大きい、全ては終わった!!」
    そこでの他の人も同意する、だが、シャイナは 「騒ぐな!! アテナは絶対ゼウスを止める! 聖域をしっかり守ろう!!」
    「でもシャイナ」 一つの声がくる 「もしその彗星がもっと地球に近い、その彗星は絶対戻れない...」
    「魔鈴!!」 シャイナは魔鈴がついに聖域に辿り着くのを怒った 「どこへいてたんだ? この大変な時に!!
    「ふっ まあ 怒るな、シャイナ!」 魔鈴が言う(またマスクを顔に)。
    「姉さん!!」 響の叫び。
    「大丈夫、響。 私はただ始まったものを終わった。」

。。。

    「死ね!! 少年!!」 ゼウスの叫び!! 全天界に雷鳴が聞こえる!! コスモは全能神からを放せた、星矢を殺す為に飛翔!!
    だが!!
    そのコスモがブロックした!!
    「何!? アテナ!!」
    ゼウスの小宇宙攻撃がアテナの盾の前に消した!!
    「ゼウス... もし誰でも貴方の制神界(ゴッド フィルード)を破壊できないので 私の盾も誰でも破壊しない。 星矢に怪我を許せない!!」
    「確かに... そなたの盾が強い。 もしそなたの杖が勝利を齎すならば そなたの盾が地上を守ったのを齎した...」
    「ゼウス... 神話の時代から私は常に疑問が有ります、貴方が地上から離れたからいろんな聖戦が始まります、その引き金が貴方の仕業ですか? だが今、ついに悟ります、全てはヘラのせいだ! 例えこの時代も ヘラこそがパンドラにヒュプノスとタナトスの魂の封印を取ったのを引導しました!!
    「うう!!」 床で星矢は唸る!!
    「二百年以上にその双子神を封印した箱がハインシュタイン城で小屋に閉じ込められた、だが、十三年前に目に見えぬ力が小屋の錠が外された! その仕業はヘラです!!

    これを聞こえるので星矢は立てる、そして、アテナに聞く 「アっ アテナ、もしその箱がそんなに大事なもの... 何故パンドラの父の家族に託した?」
    「それはパンドラの父の家族のルーツがその箱の監視するの聖闘士(セイント)です!!
    星矢はショックした!!
    「二百四十三年前に童虎が中国五老峰で魔星を監視します、だが、箱の監視役が誰も居ません。 その箱が聖域に一時隠しました、そして、ついにシオンより他のセイントが現れます。 そのセイントはドイツ・チューリンゲンへ派遣しました。 後にそこで一つの城が建てる、ハインシュタイン城を命名しました...
    「ヘラは何時も私を殺そうとする。 ゼウス、多分貴方はその事を分かります、分かりません... だが、私は私の使命を受けます、地上を守ると、でも、この大いなる彗星は全てが貴方の仕業です...」
    ゼウスが少し怒りを示す、そして、言う 「アテナ それでは私と戦うつもりがあるか?」
    「本当にそれを遣りたくないです、だが、地球を救う為に、私は!!」
    「アテナ、そなたはよく知ってる。 もし私達本気で闘う、十年戦争(テン ヤー ワル)に落ちる、それとも... 二人とも滅びる...」
    「やむをえないでしょう、ゼウス...」
    アテナは小宇宙を集中して、杖に、そして、コスモブラストをゼウスへ! ゼウスは左手を上げて、コスモエネルギーが抑制する、手の平に!
    星矢はゼウスが無傷と思った時、突然、ゼウスのカムイのマスクが飛ばせた!
    ついにそのエネルギーが消えた、ゼウスは 「良かろう、アテナ... 分かった...」
    「うう!!」 星矢が唸った、アテナとゼウスのコスモを燃えてるのを感じる為 「馬鹿な!! これはアテナとゼウスの真の力か!?
    アテナの後ろのイメージは戦いと知恵の女神がいろんな神々と立ち向かう!!
    ゼウスの後ろのイメージは全知全能の力でいろんな神々を抑制する!!
    「ウイニング パルテンノーーーーーーーーーーーーーーーーーーッス!!」
    「アルファ スカイ サンダーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッア!!」
    究極のオリンポス神のコスモは飛翔、激突する!!
    「うわあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」 星矢の叫び!!
    星矢は吹っ飛べ、審判の間からゼウス神殿の外まで!!
    「アテナ!! ゼウス!! 二人とも消えたーーーーーーーーーーーーーーーー!!」
 
    彼は審判の間へ戻る、だれも居ない!!
    「沙織さん!!」 星矢は信じられない、アテナを失ったの事を!!
    だがその時!!
    ゼウスとアテナが審判の間でもう一度現れる!!
    ゼウスが静かだ。 アテナは苦しみで跪く。 
    「アテナ!!」 星矢が叫ぶんだ、何を起こったのを分からない!
    ゼウスは 「何故... アテナ? 何故止めだ?」
    星矢が 「何!?」 
    「それは例え私とそなた一緒に死ぬも 私の意志が続き、S. C.も止めない...」
    「ゼウス」 アテナは弱いに言う 「さすが万能神... 私の全てのコスモも貴方を倒しません...」
    「アテナ... 私はS. C.を止めるチャンスがまだある...」
    「な... に...?」
    「アテナ... そなたから離れた時、私は地上から天界にも離れる。 私は全宇宙にさ迷い、古の神を探す為。 あの神が私に伝えた言葉を知りたいか?」
    先の弱いになったアテナはついに全ての集中力が戻る!
    「その神は 『もし人間達が世界に汚す続き、そして、その汚染を宇宙に伸ばす この宇宙の存在が未来に消える。』 と。 私はその時、審判を決めた、人間達を絶対に滅びる!!」
    アテナは無声に成った。
    「だが! その神もこれを言う 『もし誰かが地球の為に死ぬ 全てを救える!!』 と。」
    ついにアテナは 「貴方はS. C.を止めるか?」
    「そなたはもう分かるはず、数分後S. C.が完成する。 誰でもそれを止まられない... そなたは地球の為に死ぬか? アテナ、そなたは人間達の罪の為に死ぬか?
    「本当にS. C.を止めるか!?」
    「私はハーデスではない。 嘘つきではありません... もう一度聞く、地球のかわりに死ぬか!?」
    「もし私の命が地球を救えるならば 喜んで!!
    これを聴く星矢は 「駄目だ! 駄目だよ!! 沙織さん止めてくれ!!!!」
    ゼウスは怒りの目を星矢に 「見苦しいぞ!! アテナは喜んで命を出す!!」
    星矢はもう一度コスモを燃やす!!
    「ペガサス流星拳ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっん!!」
    だが、また効かない!!
    「うわあああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」
    床で星矢は 「くそっ!!」
    「良かろう!」 ゼウスは星矢に 「地上の為... お前は先に死ぬ!!
    コスモブラストが星矢へ!!
    「星矢!!」 アテナは叫ぶんだ、そのブラストを止める力が無い!!
    だが、突然、そのコスモをブロックした!!
    「何!?」 ゼウスの叫び!!
    龍、白鳥、鎖を持って女の子と、鳳凰のイメージが出た!!
    「星矢!!」 氷河、紫龍、瞬と一輝一緒に叫ぶんだ!!

第二十七話 完。 
Episode 27 end.

第二十八話 「輝け!希望溢れる世界!!」
Episode 28: Shine! The World Full of Hope!!

    星の子学園。

    「私に怒ったのか?」 プラックサスが星華に聞く。
    「いいえ... 美穂に言ったように、今私は分かる、星矢の真の使命を! そして、 その道は始めて歩いてるばかり。」
    美穂は 「星華姉さん...」
    星華は 「星矢は絶対に地球を守る、何の神に会っても地球を破壊するのをさせないわ!」

。。。

    「だい 大丈夫...」 星矢は笑えて言う。 四ブロンズが彼を立てるのを助けて。
    「星矢...」 瞬は優しく言う。
    「星矢!」 一輝は強く言う。
    「星矢、覚悟が出来た。」 紫龍は笑えて言う。
    「星矢、いくぞ!!」 氷河は頷いて言う。
    「燃えろ!!」 星矢は叫ぶんだ!!
    「高めれ!!」 一輝は叫ぶんだ!!
    「地上の正義の為に!!」 瞬は叫ぶんだ!!
    「愛する人の為に!!」 紫龍は叫ぶんだ!!
    「俺達のコスモの全て!!」 氷河は叫ぶんだ!!
    「ゼウスを打ち破れーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」

    五ブロンズが全てのコスモを結合する、拳を神々の王へ目かけて!! コスモの攻撃が制神界をヒットした!! それを破れると思った時、すべてのコスモが跳ね返した!!
    「何!?」
    「馬鹿な!!」
    「うわあああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!」 五人の叫び!!
    彼らは床と激突する!
    ゼウスは静かに言う 「言ったはずだ。 例えオリンポス神数人の力をもって 破壊しようとしも不可能だ と。」
    「ああっ!!」 アテナが唸る!! その時、彼女が恐れを感じる。
    ゼウスがコスモを燃えてる、だが、今度は笏より右手に手中する!!
    「止めなさい...!」
    アテナは叫ぶんだ 「ゼウス!! 駄目ーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!」
    「お前達一緒に死ぬ!!
レインボ サンダーボルトーーーーーーーーーーーーーッ!!」
    無数の虹が出た、まるで光の矢のように!! 全ての虹が天界から全宇宙に伸ばす!! 天界には地上にも全宇宙の人々がこの攻撃を見える!!
    五人のセイントが消えた!! 死んだ!!
    ゼウスがアテナに向けて。 彼女が泣いてる。 ゼウスがこんな苦しみをアテナに与えたつもりが無いがやむをえないと思う。
    「彼らは地上とそなたを守るの為に死んだ... だが、褒めてやるぞ、私の最強の攻撃を使うに追い詰める...
    「さあ... 時間が無駄にっ!!」
    ゼウスはショックした!! 自分の目が信じられない!! まだ一つの者が生きている!!
    星矢だ!!
    「み みんな!!」 星矢は泣いて言う 「お前達が盾になってゼウスのR.T.から俺を守った!!」
    アテナは涙の流れを止められない 「紫龍... 氷河... 瞬... 一輝!!
    「アテナ... そなたの倒れたセイント達を哀悼するのは時間がない。」
    ゼウスが笏を下ろす、アテナの胸に向けて!! 
    その時、星矢は立てる、自分の拳に涙をふく。
    「みんなよ! 奇跡を!! 万に一つでもいい!! 
俺に希望を与えてくれーーーーーーーーーーーーーーーっ!!」
    星矢はコスモを燃やす、そして、そのコスモは天に上げる! 突然、夜空で天馬座が輝いてる!! そして、もう一つの星座が見える、龍座だ!! もうひとつ、白鳥座だ!! そして、アンドロメダ座!! 鳳凰座も!!
    待って!! もっとがある!!
    一角獣座!! 子獅子星座!! 海蛇星座!! 大熊星座!! 狼星座!!
    もっとがある!!
    カメレオン星座!! 鷲星座!! 蛇遣い星座!!
    もっともっとがある!!
    蜥蜴星座!! 白鯨星座!! 猟犬星座!! ペルセウス座!! 琴座!! エリダヌス座 !!
    あの星座も!!
    牡羊座!! 牡牛座!! 双子座!! 蟹座。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
    一つ一つの星座が、青銅(ブロンズ)聖衣、白銀(シルバー)聖衣、黄金(ゴールド)聖衣、そして、紅武(カイザー)聖衣の星座が現れる!!
    ついにアルゴ船座が夜空に!!
    ゼウスは見上げて、自分の目を信じられない!! 
    「八十八星座が天空で輝いてる!!!!!!!!!!!」
    ゼウスがペガサスセイントを見て言う 「うお!! その光が照らす、あの少年に!! いや!! あの聖闘士(セイント)!! 星矢に!!」
    「うおーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!」
    アテナは 「星矢のコスモが!! 八十八星座のビッグウイルは星矢の小宇宙(コスモ)を助けてくれた!!」
    「ゼウス!! お前は負けだ!! 
ペガサス彗星拳ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっん!!」
    デカイ彗星がゼウスの制神界に飛翔、ついにそれを破った!! 彗星が制神界を通して、ゼウスにヒットした!!
    「うわああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
    ゼウスが自分の王座を激突した!! その王座を潰された後、床で落ちる!!
    星矢はアテナに走る、そして、彼女を立てるのを助けて。
    「星矢!!」
    「沙織さん!!」 ペガサスのセイントは右手に握ったの物を示す言う 「これを貴方に帰る...」
    沙織は信じられないで言う 「こ これは女神(あてな)の玉!! どうやって!?」
    「魔鈴さんだ。」
    「魔鈴!」
    「沙織、これを受けて、そして、地球を救え!!」
    沙織は笑えて、そして、言う 「いいえ!」
    「何!?」
    「一緒に遣りましょう!!」
    これを聴く、星矢も笑えた。
    星矢は右手に女神(あてな)の玉を握った、そして、アテナは左手で女神(あてな)の玉を握った! 一緒に玉を上げて、頭上に、そして、叫ぶんだ!!
    「燃えろ!! 
私達のコスモよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」
    一瞬に一条の光が放つ!! その光がゼウス神殿を、天界を、地球にも、全宇宙ともを越える!!
    その時、ゼウスはついに目覚めた。 その光景を見て言う 「その玉の光は命の源を達する!! ビッグウイルの生まれてのところ!!
    命の源からデカイコスモを私達の大宇宙を覆いつくす!!
    「私の意志が絶った... 奇跡だ!」 その時、ゼウスが笑えた 「本当の奇跡が起こった!!」
 
    「見ろ!!」 アテナ神殿に邪武は叫ぶんだ 「エーリ彗星が元の軌道に戻る!!」
    「アテナ...」 シャイナは泣いて言う。
    「星矢...」 魔鈴は泣いて言う。

    「星華姉さん!!」 孤児園の子供達と一緒の美穂は叫ぶんだ!!
    「星矢...」 星華は優しくで言う。
    プラックサスは 「アテナ、星矢、紫龍、氷河、瞬、一輝... 貴方達の真の試練が間もなく始まる...」 

    ゼウス神殿にはアテナがゼウスに歩いて、跪く。 ゼウスの体が真っ黒に成った、間もなく死ぬ。
    「見事だ...」 ゼウスがまだ笑えて、言う 「アテナそして... そなたのセイントも...」
    「ゼウス...」 アテナは優しくで言う。
    星矢は天界が始めに崩壊するのを感じる。 ゼウスの死によって、煉堂とオリンポスも無くなる。
    全能神は 「アテナ... 忘れないで、そなたはまだその玉の真(リアルの力を使えない...」 
    アテナは頷く。
    「もう悟ったな、アテナ...?」
    アテナはまた頷く、そして、厳格な顔で言う 
 「神力の破壊(ラグナロック)が」
    「そうだ...」 間もなく消えたのゼウスが言う 「ラグナロックが... 始まる...」
    ついにゼウスが消えた。
    これを見て星矢はアテナに近づく、そして、優しくで言う 「沙織さん...」

    地上に魔鈴がエーリ彗星をしっかり見て。
    その彗星は天空で静かに旅立つ。
    「姉さん」 自分の姉さんが何ことを考えるだろう?
    「響。」 ついに魔鈴が答える 「多分この彗星は私達を滅びるではない... 多分... この彗星は吉兆(サイン)だ...」
    「吉兆(サイン)だと?」
    「新たらしい希望を生まれたの吉兆(サイン)だ...」

第二十八話 完。
Episode 28 end.
 

SAINT SEIYA
CHAPTER IV
THE ZEUS
FINE

Postcript

僕はゼウス編の最初のアイディアは1997からがある、だが、2000年こそに第一草稿を書く。

ついに僕はハーデス十二宮編を見て、もう一度ゼウス編を挑戦する。 大聖戦史を読むと多い調査の後、僕はたくさんのアイディアが出た。

そして、ついにネットに掲載を決まった時、日本語に翻訳したどうだ と考える。 
そのつもりはもちろん日本人が僕のオリジナルゼウス編を分かる、もっと理由は世界中の星矢ファンが私のように星矢の為、日本語を勉強しますので、英語が分かれないが日本語が分かるだろう!! と考えて。

有難う!! 車田正美先生、星矢、と僕のストリーを読んだの皆さん!!
皆のおかけで、僕の夢が生きて続ける出来る...

Philip Wai Tak Ho 十一月二十五日 2008年 香港で。

 Character Dataと備考へ /ゼウス編へ帰り