Make your own free website on Tripod.com

地上界の激闘の軌跡

日本、城戸邸 

     アッキリス VS.(バーサス) 五人の天闘士。 アッキリスはカイザーの力を見せる!! 強い!!
     那緒 VS.(バーサス) ナルシサス。 ナルシサスの技はアテナを半催眠!? でも那緒に効くない!!

アンドロメダ島

     ジュネ VS.(バーサス) クレオン。 ジュネの初めの戦い!! だが、クレオンに死に追い詰める!! 大ピンチ!!
    イカロス VS.(バーサス) クレオン。 ダイダロスの弟子としての誇りを賭けて戦う!! クレオン撃破!!

ギリシャ、聖域、魔鈴の部屋

    魔鈴 VS.(バーサス) ロメオ。 大鳥の激突!! 突然、魔鈴が消えた!! ロメオは半狂乱に...
    響 VS.(バーサス) ロメオ。 魔鈴の大ピンチに響が遂に出た! ロメオに大攻撃!!

ギリシャ、スニオン岬

    ポセイドン VS.(バーサス) トロイ。 トロイはジュリアンの前に出た! だが、ジュリアンまたポセイドンに成った!!
    アッキリス VS.(バーサス) トロイ。 アッキリスはトロイに瞬殺!! アッキリスはシイドラゴン!?

聖域、処女宮

     シャッカ VS.(バーサス) チャークと五人の天闘士。 シャッカの技が天闘士に倒し!! そして、シーバと戦闘準備を!!
     シャッカ VS.(バーサス) シーバ。 ライバルと戦うと、シャッカは神秘的な力を見せる!!

東シベリア

    ミロ VS.(バーサス) セクッメト。 ミロは苦戦!! だが、その時、ミロは最強の技を見せる!!

聖域、墓地

    アイオリア VS.(バーサス) ローケ。 ローケの凄い神速!! アイオリアの熱いパッション!! アイオロスの古い知恵!! 戦いの果ては...

中国、五老峰

    童虎 VS.(バーサス) メーリン。 例え百龍覇も効くない!! その時、童虎は...

ジャミール、ムウの館

    ムウ VS.(バーサス) ノウ。 ムウと力天使の激しい戦い!! その時、ムウのコスモがデカイに爆発!!

    星矢は抜け殻に成った!! どうする!?

第十九話 「ゆけ!新聖衣(ニーオ クロス)!!」
Episode 19: Go! Neo Cloth!!

    日本、グラード財団 療養所。

    「手伝うが欲しいか?」 
    「いいえ。」 星華が看護婦に言う 「大丈夫です。」
    彼女が星矢のベッドの隣で車椅子を持って来た。
    「行こう! 星矢!」 星華はゆっくりで弟をベッドの端の方に滑らせる。 車椅子に置くために星矢の体と肢を動かして、そして、彼女と共に部屋から公園に行ける。
    「ああ... 好い日だ... 」 太陽の光は星華と星矢に照らす、でも、その光の眩しいに星矢の目はまばたきしない、一度もない。 かつてのペガサスのセイントは動けない、生きている唯一の気配は彼の呼吸だけである。
    星華はベンチの隣で車椅子を動かし、彼女はベンチに座る。 彼女はこの日を亨受するようの時、突然、雲が集まり、空が暗くなり始めり。 轟音は聞こえる。 雷撃が数メートルから来た!
    星華は鎧を纏った七人が見える。 笑いが聞こえる。 一つのゼウスの戦士が 「ふふふ... そうか... 本当か... 星矢が不活性に成ったか...」
    「誰だ君達は?」
    「俺はアダッド! 電撃馬(ボーラク)の天闘士! 俺たちはペガサスを殺すに来た!!」
    「何!?」
    「娘よ! 退け!! アイツと共に死ぬか!?」
    星華は弟を保護する為に彼女の腕を開け、星矢の前の自身の体を星矢に覆うと 「星矢に傷つけるのことを許しません!!」
    「良かろう! 死ね!!」 アダッドと六人のオーラクルと共に星華と星矢を攻撃しようとする時、少年の声は聞こえる!!
    「待て! 星華と星矢の髪一ぼんでも触れたら命は無いぞ!!
    「なに!? ううっ!!」 アダッドは青銅聖衣を纏った五人が現れるを見えた!!
    「一角獣座(ユリコーン)、邪武!!」
    「子獅子星座(ライオネット)」、蛮!!」
    「海蛇星座(ヒドラ)、市!!」
    「大熊星座(ベアー)、檄!!」
    「狼星座(ウルフ)、那智!!」
    邪武と四人のブロンズセイントが星華と星矢の前に行ける。
    「ふふふ... ブロンズセイントだと!? 良かろう、お前たちの探しをどる手間も省ける。 ここで死ぬの覚悟しろ!」
    「黙れ! ユニコーン ギャロップ!!」 邪武の空中の必殺技だ! アダッドとアダッドの左のオーラクルにマッハ5の蹴りだ!!
    「メロウ ポイズン!!」 市はアダッドの左のオーラクルに毒牙を!!

    「ハンギング ベアー!!」 檄はアダッドの後ろの二人のオーラクルに締めつける!!
    「デッド ハウリング!!」 那智は真空拳に造りの風がアダッドの後ろのもう一つのオーラクルに攻撃した!!
    「ライオネット ボンバー!! やった!!! またザリフだ!!!!」 蛮は遂にまた自分の技を!! 十字攻撃にまだもう一つのオーラクルに!!
    でも突然!!
    7つの天闘士は消え、天空に現れる、そして、ともに降ろし、ブロンズの五人を蹴る! 
    「ぎゃあああああああ!!!!!」 邪武達が草で衝突する!!
    「馬鹿め! お前たちブロンズが一つのオーラクルも倒せるか!?
    「娘! 動けんのか? 良かろう! 死ねーーーーーーーーーっえ!!」
    でもその時!! みんながそこで歌声が聞こえる!!
    「何だ!?」 アダッドが凄いショークした 「この歌声が...!? アテナ!!
    地べたに倒れた邪武は 「お... 嬢... さん...」
    遂にアダッドは覚えてる 「これは単なる歌声がではない... これはAMBROTOS-ZONTANOS! 神々の蘇生の法!! まさか星矢は!?
    「うお!!」 邪武は星矢の部屋にコスモを感じた 「このコスモは!? まさか!?」
    「馬鹿な!!」 アダッドは星矢を見て 「信じられない! 先は星矢の小宇宙が少しでも感じられない、でも今はこんなデカイ レベルを!!
    「ええい!! やれ!! 今しかない!!」 アダッドは一つの拳に星華と星矢へ!! 星華はもう駄目だと思った時、星矢の部屋から、ある物が窓を通って、飛ぶ!! その物は一つのコスモ フラッシュを放て! そのフラッシュは星華とアダッドの狭間にヒットした、同時に星華を守って、アダッドを吹っ飛べ!!
    「見ろ!!」 蛮は叫ぶんだ!!
    「それは天馬座(ペガサス)の聖衣(クロス)ざんすよ!!」 市も驚いた!!
    「そのクロスはまた更新した!!」 檄は嬉しく言う!!
    「それは新聖衣(ニーオ クロス)だ!!」 那智は楽しく言う!!
    星矢は自分の青銅聖衣の方に上がり、ペガサスのクロスは、彼の体へ飛ぶ、各部分を分かれ、瞬間に、星矢はまた、自分の聖衣を身に着けている!!
    星華は遂に弟が自分の意志で動けるのを見えた 「星矢!!!!!!」
    星矢は地面に着陸した。 アダッドはこの光景を信じられない!!
    「燃えろ!俺のコスモよ!! うおーーーーーーーーーーーーーーーーっう!! 
ペガサス流星拳ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっん!!」
    遂に星矢の有名な攻撃を放て!! 光速で、百万の拳がオーラクルへ!! 
    「ぎやああああああああああ!!!!!!!!!!」 天闘士のボディもヘーロも完全に潰す!! 
    全ての天闘士が倒した!!
    いや! 待って!!
    アダッドは空で浮かんでいる!
    「なに!?」
    「ふふふ...」 アダッドはゆっくりに天界へ帰り。
    「お前が逃げるか?」
    「ふ! 逃げるが必要がない! この戦いを続けたいなら、天界へ!! だがな... 貴様が天界にたどり付けられるのは出来るかな... ははははは!!!!!!!!」
    遂にアダッドが天空に消えた。 星矢は 「天界か?」
    星矢はどう遣って天界へと思った時、一つの優しい声が聞こえる 「星矢...」
    星矢は回す、姉さんが、星華が見える。
    「姉さん!」
    永い時の別れ、ずっと側に行きたい、姉さんと遂に再会した!!
    「星華姉さーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっん!!
    「星矢ーーーーーーーーーーーーーーーーっあ!!!
    星矢は姉さんを抱きしめて、星華も弟を抱きしめる!
    この姉弟の再会を見て、邪武達は微笑むんだ。
    「良かったざんすよ!!」 市は涙を止められない!!!!!!
    星矢は永遠に星華姉さんを抱きしめたい、永遠に側に居たい、でも、彼はこんなことを出来ないと 分かる。
    「姉さん、俺は生けねばならねえ...」
    「分かります。」 星華は微笑して言う 「絶対忘れないよ星矢! 希望を捨てないよ!!」
    「はい! 星華姉さん!!」
    星矢は邪武達に 「さあ! みんな! アテナの元へ!!」

第十九話 完。 
Episode 19 end.

第二十話 「天界への扉!!」
Episode 21: The Opening to Heaven!!

    ギリシャ、聖域。

    二十人の天闘士は十二宮で走る。 彼らはもう天秤宮を通る、そして、天蠍宮も、人馬宮、磨羯宮、
宝瓶宮, 最後に双魚宮も通る。 教皇の間を入れて、無人の間と思った時、そこで四人の聖闘士が立ち塞がる!
    オーラクルたちは 「誰だお前たちは!?」
    「カイザーセイントだ!!」
    「ふ! 唯の四人が俺たちの進路をさえぎっ!! なんだ!? その構えは!!」
    カイザーはみんな攻撃技の構えを取った! 那緒は片膝をつき、腕を合わせて、手が何物を放てように構えを取った! 那緒の後ろにはイカロスが立って、同じ構えを取った。 イカロスの左はアッキリス、右は響。 二人も同じ攻撃の準備を!!
    オーラクル達はショークした 「これはアテナ エクスクラメーション!!」

    「ああっ!!」 アテナ神殿にアテナは凄いショークした! 彼女は天空に見上げて、そして...

    「この技は禁じられたではないか!?」
    那緒と三人のカイザーセイントは一緒にコスモを燃焼した。 那緒はクールに言う 「アテナ エクスクラメーション... この影の闘法は第一次ハーデス聖戦の時初めて使った。 その時のゴールドセイントはスペクターを倒す為に、そして、戦いの劣性を覆しようとする為に、この究極技を作り出した。 その聖戦の後、凄まじい破壊力の為、アテナはこの技を禁じた、でも、後でアテナはまたこの技に必要の時が来るかもしれないのことを確認した。 その時こそが我らカイザーが出陣の時だ!! アテナの許しを得た、今、この技を!! オーラクルたちよ!!! お前らの汚れた足が再度聖域を汚さねえ!!!!」
    四人のカイザーが一緒に叫ぶ 「アテナ エクスクラメーション!!!!!!!!!!

    「ああっ!!」 アテナは感嘆した!! 小規模ながら俺たちの大宇宙の創造、ビッグバンにも匹敵する破壊技が出た!! その破壊力が二十人のオーラクルに迫る、そして、教皇の間と共に爆発!! オーラクルを倒した!!
    アテナ神像の前に立て、アテナは凄い苦悩している、でも、A.E.の為ではない。 その苦悩の原因はビッグコスモを感じる。 その巨大コスモはアテナ神殿に迫る! そのコスモの強大さはアテナに、ゼウスにも並び!!
    空は暗い、黒雲で満たされた。 雷と雷光が全天空に! しかし、どうかして太陽の光はその黒雲を突き通る、そして、その光はスポットライトのようにアテナの前に当てる、まさしく、誰かが天界からアテナ神殿への降臨を強調するように!! ある男がその光と共に降りる!!!
    その男がアテナの前に立て、アテナは遂に言う 「やはり、貴方が現れる! 太陽の神!! アポロン!!!

    アポロンはオレンジ ローブを身に着けている太陽の明るいのように、若者の奇麗な顔がある 「アテナ...神話の時代以来の別れだな。 私は最終の貴方と出会ったの時はゼウスが天空の彼方へと消えていったの時だった。 その前に万能神ゼウスは貴方に地上を、私に天界の軍団、オーラクルたちの支配権を委ねた。
    「アテナ、なぜゼウスに背いて、下らぬ人間どもを保護しているか?」
    アテナはこの一ヶ月間凄い心配していた。 それはゼウスの為ではない、天界の神々の降臨の前にアポロンとアポロンの率いる百四十の天闘士が地上攻撃の計画のを疑った。
    「アポロン... オリンポスの神の見地は人間が下らぬ見ようかもしれない... しかし、その人間は心が有る! 不屈の闘志も有る!! その心と闘志こそが何もかも生き延びる可能性です!!」
    「天界の全てのオリンポス神は判断を下した。 地上の滅びが宿命だ!! 地上を放せ、アテナ!!」
    「放しません!! アポロン!! 私は地上の滅びを許しません、この地上を護ります!! もし地上の滅びが宿命ならば私はその宿命と闘います、私の聖闘士(セイント)も同様!!
    太陽の神が頭がきった。 アポロンは右手をアテナの喉に 「アテナ...! ここで速やかに貴方を殺すと どうだ!?
    アポロンはコスモを燃えてる! その隠し太陽神のコスモの力だけでアテナの髪が吹っ飛べ!!
    平然として、穏やかなアテナは言う 「アポロン... 神々の中で貴方は一番分かるはず、私を殺すのことが出来るでも私を倒すのことが出来ませぬ!!
    「だまれ!!」 アポロンは右手の中にコスモ玉を造り! 
    アテナに発射しようとする時、男の声が聞こえる 「待てアポロン! 君は気が苛立ちすぎるではないか?」
    「むう!! なに!? 貴方は...!! 海王ポセイドン!!
    自分の鱗衣(スケイル)を着て、ポセイドンはアテナの隣に立て、太陽神を立ち向かう 「さあ... どうするアポロンよ! ここで神々の戦いの幕を開けるか!?」
    「ふ! このアポロン オリンポス神を二人も相手にするほど愚かはない... 今のところは一先ず退いてやる!」
    太陽神はゆっくりで天界へ還り、そしてこの言葉を残して 「二人とも、命が要らなければ天界へ来い!!」

    アポロンの巨大のコスモが消えた後、アテナは食指によって彼女の額、眉毛の少し上で目当たって、まさしくこの時を強調するように、そして、女神(アテナ)は 「シャッカ... 分かりました... 中道を目覚める時は来たのようだ...」

    その時、人馬宮で翼と弓と矢を持って人馬のようの黄金聖衣がコスモを溢れている。 サジタリアスは天の彼方に一条の光を放ち、そして、一つの扉が開いた。

第二十話 完。 
Episode 20 end.

聖衣の進化

        新しいサジタリアスの聖衣では昔の形態は同じであるが詳しい装飾が神聖衣見たいになる。

第二十一話 「目さめよ!中道!!」
Episode 21: Awaken! The Middle Way!!

    「アテナ!!」  アテナ神殿に辿り着く星矢の叫び。 城戸沙織とジュリアン・ソロが消えた、それにアテナ神像も! 邪武達はソレントと4人の紅武セイント一緒に立てるが見える。 紫龍、氷河と瞬は自らのニーオクロスを着た、龍星座(ドラゴン)、白鳥(キグナス)、アンドロメダ星座。
    星矢はまわりに見て、自分の師を見つけない 「魔鈴さんは?」
    響が返事した 「俺の姉さんが消えた!!」
    星矢は驚いてた! 響は魔鈴さんの弟、それにカイザーセイントだなんて! この姉弟(きょうだい)が再会出来るなんて、星矢は嬉です、でも、今は凄い心配した、マリンさんのことを。 「君の姉さんがどこへ?」
    「分からん! でも、姉さんはこれを、君に!!」
    響は星矢に紙切れを渡す。 星矢はそれを開け、そのメッセージがこれを書く:
 
 

星矢
メティスを
求めなさい




    「メティスを?」
    紫龍は 「どういうことだ?」 
    瞬は 「どこで…探すだの?」
    氷河は 「うむ... 魔鈴さんがこのメッセージを今になって君に伝えることを判断して、私達は天界に始まるべきです...」
    「ならば行こうぜ!! 見ろ!! 新人馬座(サジタリアス)の聖衣はまだアイオロスの魂を付いてる!!! アイオロスは天界への道を見せた!!!!」
    人馬宮から、一条の光線はサジタリアスの星座の方に、銀河の中心の方に指示される。 銀河の中心こそ天界への入り口である! その扉を通すと出来れば、ゼウスやアポロンの世界をたどり着くはずだ。
    「俺たちは自分のクロスの翼を生えっ!!」
    「まって! それは天界に入る方法ではない!!」  突然、一声が聞こえる 
    アテナ神殿のみんなが天空にコスモを感じる! 星矢達は見上げて、雲にイメージは!!
    「サガ!!」 星矢の叫び!!

    「死ぬ気か、星矢?」
    「なに?」
    「天闘士(オーラクル)達はゼウスの意志によって守れているから 生きながら天と地を行き来で出来る。 そうでないが天界に入ることを試みる誰でも瞬間に殺される。」
    瞬は 「でもサガ! シャッカ以外、私はまた一人や二人のセイントがその扉を入れてのを感じた、ぼく間違ってなければ絶対、いっ」 
    「残念だが、死んだかもしれない...」
    「そっ、そんな!!」
    「だが行く途中で彼等は中道を目覚めたら...」
    「中道...?」 紫龍は聞く。
    「アテナにシャッカの言葉?」 氷河も聞く。
    「アテナは神々と闘うを決心した、だが、神話の時代からゼウスによって支配された天界に入るは容易な事ではない。 人間は死ぬ。 ハーデスの意志によってその人間を冥界へ導く。 第一感から第七感まで途絶える、後、阿頼耶識が出る。 もしその人間が悪人なら、地獄(ヘル)の獄(プリズン)へ、もしその人間が善人なら、楽園(ユートピア)の極楽浄土(エリシオン)へ。
    「しかし! 天界は違う!! 天界こそ神々の住む世界、唯十分に価値があるもの、唯神に近い資格を得たものがそこに入る。 実は阿頼耶識こそがハーデスの意志を超えて冥界より天界への方法だ。 天界に辿り着く時、第一感から第七感まで途絶え、阿頼耶識を残して、でもその時、中道を出る。 天界の掟に支配された故にゼウスと戦うことは出来ません。 ならば、天界の掟に支配されずに天界へ入る、その唯一の方法はぼだいさったの例にするよう、例え天界の神々の許しを得てないのも、天界に自由を得た。

注: ぼだいさった ()、 菩薩 - 英語:Buddlist Saint

    「ぼだいさった?」 星矢は聞く。
    「シャッカのことか?」 氷河は質問する 「仏陀の生まれかわりのことか?」
    「何故シャッカが仏陀の生まれかわりといわれているのは... シャッカがぼだいさっただ。 仏教神話の中でぼだいさったとは既に仏と結合する方法を見つけて、でも、他の人々を導く為に、それを遅らせる人間だ。 彼らは仏の生まれかわりと 前世のぼだいさったの生まれかわりと 言われる。 シャッカはセイントの中で中道を目覚めていた。
    「中道とは 仏教では 基礎... とか 中心... とかいう意味がある。 それは所謂魂の第二段階。」
    「第二段階?」 瞬の叫び!
    「まさか!?」 氷河も分かる!!
    「そうだ! 八式(エイトセンシズ)の第二段階を目覚めるのは必要だ!!
    四人一緒に叫ぶ 「エイトセンシズの第二段階!!
    「エイトセンシズの第一段階... 魂の根本、魂の上の部分、『ブレイン』という。 
    「エイトセンシズの第二段階... 魂の基礎、魂の下の部分、『ハット』という。 二つの段階ともを目覚めできれば、天界にゼウスと戦うのを出来る!!」
    「それでは...!」 紫龍が遂に悟った 「アテナとポセイドンは無論のことシャッカもエイトセンシズの二段階ともを発揮した...」
    「そういうことだ!」
    瞬は心配することが過ごし休んて言う 「僕はあのセイント達はきっと生きている天界へ辿り着くのを信じる。 それに僕達の青銅聖衣がアテナの血を浴びて、例え一瞬でもコスモを燃やすによって、エイトセンシズの全てを目覚めることが出来る!!」
    「そうか!!」 星矢は強く言う 「サガ! アイオロス! ありがとう!!」
    星矢はコスモを燃えて叫ぶ 「よおーし!!
    紫龍もコスモを燃えて叫ぶ 「コスモに最大に燃やせ!!
    瞬もコスモを究極まで叫ぶ 「奇跡を起こせ!!
    氷河もエイトセンシズを目覚めて叫ぶ 「生きて天界で会おう!!
    四人一緒に叫ぶ 「目覚め!! 中道!! 目指せ!! 銀河へ!!

    その時、四つの星が天空の扉へ上がり、そして、消えた...

第二十一話 完。 
Episode 21 end.

聖衣の進化

    車田先生は英語の言葉(Part)を聖衣の新聖衣の何次の版を表示する。(i.e.Part 2. 第二版の聖衣。)
    僕は Version のほうが好みです。

    青銅(ブロンズ) Version - ハーデス聖戦後、聖衣箱(クロスボックス)に戻す後、神聖衣からブロンズ版に戻れがも一度進化した、ニーオクロス!!

    ペガサス - Version 6
    ドラゴン - Version 5
    キグナス、アンドロメダ、フェニツクス - Version 4

    冥王編でドラゴン(Version 4)とアンドロメダ(Version 3)は翼が持っていない、でも、今のニーオクロスは五つのクロスも翼がある。 みんな、クロスを着たの時、翼が後ろに隠す。 紫龍、瞬、一輝まで自分のクロスの力だけで超次元を通る出来る。
    そして、五人のクロスは腹部の、穹稜のガードは強くになる、それにアーム ガードのも伸びる。

    神聖衣(ゴッドクロス) - 星矢達はゴッドクロスをもう一度使わせるの時、冥王編の同じゴッドクロスです。 ゴッドクロスとはアテナの許しを得た後で隠しの力です。 例え高いコスモをもって、アテナが許しませんではゴッドクロスの力が出せない。
 
 

  Character Dataと備考へ /ゼウス編へ帰り