Make your own free website on Tripod.com

第十七話 「ムーの謎」
Episode 17:The Mystery of Mu

    ジャミール。

    「君が貴鬼か?」 ムウは普段着を身に着けている言う。
    「はい!」 5歳の男の子が曰く 「チベットの司祭が私に訓練を受け取ることをここに来るように言った... でもその先、私は質問が有るので、ムウ...」
    「ムウさま!!」
    そのコメントを受けて貴鬼が少し怯えているが自分の言い方を訂正した 「ムウさま、なぜ私達がこの眉化粧をする必要があるのか?」
    「それらは私達がムーの人々の子孫であること表す印である。 左の印は念力の技術を表し。 右の印は錬金術の技術を表す。 生まれてから、例え教えないが君は思うだけで物体を動ける、破れた物の修理を出来るではないか?」
    「はい!」
    「それは君が私のようにムー大陸人の末裔である、第六感が強い。 ムー大陸こそが聖衣を組立てるの地だ、しかし、その大陸が遥か昔から沈んだ。」
    「何の為にその大陸が沈んでいたのか?」
    「さ... 例えわが師シオンもそれを分かりませんでした、でも、ある石造りのタブレットに記録されたのはゼウスの仕業であるかもしれないが...」
    「ゼウス!!」

。。。

    「力天使(ヴァーテュー)、雷獣、ノー。」
    ムウはノーの鎧を見て、こう言う 「そうか それがヘラキレオンによって造りの天衣(ヘーロ)か」
    「ふ! さすがアリエスのムウ! そうだ! 冥衣(サープリス)は冥界の宝石ポートンを造り。 ヘーロも天界にだけで見つける宝石ヘラキレオンを造り。 そのヘラキレオンの為、俺達の体を再生し続けることを可能にするのだ。俺達オーラクルを保護する為に、この金属を選ぶのはゼウスの天才だ。」
    「ゼウスの天闘士か!」 貴鬼は凄いショークした!
    「ムウ お前らゴールドセイントがよく自身を隠したな...」
    「それは女神(アテナ)の命令だ。 彼女はこの戦争が来るかもしれないこと予感を有した、でも、今はもう我々のコスモを隠すのを必要がない」
    「良かろう! ならば...! うっ!!」
    ノーは動けない!
    「お前も知ってるだろ... 私の念動力が黄金聖闘士の中で一番強い。 無益の殺戮を作りたくない。 天界へ帰れ!」
    「俺を侮辱するかムウ! 俺は天雷将(サンダ-ラ)だ!! 使命を就けないで還るか!!
    「神話の中で多くの天使が落とされた地上に留まる、でも、その天使が多くのは邪悪ではない。 そのほとんどはゼウスの栄光に直面できなかったので戻らないことを選んだ。 それはゼウスを失望させることの事実を取ることができなかった。 その代り、永久に罵倒されて喜んで受けるだった。 しかし、有るの人々は天使達が智者を崇拝された。 その智者と語り合うことによって、神を見つけるを、天堂を見つけるの確実な方法が分かるかもしれないと思う...」

    「良かろう! 私の念力によって、天界へ送る!!」
    ムウの頭から脳波はノーに広がり始める。 天闘士は雲の方に投げられ、地面にまっすぐを衝突する!
    「ぎゃああ!」 ノーが叫ぶんだ、でも、ムウはまだ続ける!! 天雷将がムウの後のジャミールの山に投げられる! 「ぐわお!!」
    「もういいですか? 君のヘーロの為、体を再生する続けるが、永久にこれを続けたくないだろ...」

。。。

    「先言ってように貴鬼、お前の訓練が始めた、でも、その前にこれを答えなさい: 聖衣(クロス)は何から成っているか?」
    「オリハルコンにガンマニオンに銀星砂(スターダストサンド)。」
    「オリハルコンとは?」
    「エーと...」 貴鬼はチベットの司祭の教えを覚えた 「オリハルコンとは『山銅』。その金属こそがマリーナのスケイルを作るのに使用された。 海王星の中ではその金属が多く。」
    「ガンマニオンとは?」
    「ガンマニオンとはムー大陸だけで見つける金属。」
    「はい、でも、『ガンマニオン』は四つの単語のを構成した言葉。 その四つの単語の意味は?」
    「エーと... 『ガン』とは『受ける』、『マ』とは『地』、『ニ』とは『頂点』、『オン』とは『円形』。 それで『ガンマニオン』とは『円形の地の頂点の時、この金属を受けたまえ』。 魔法師はかつてこの金属の名を『賢者の石』といった。」
    「銀星砂(スターダストサンド)とは?」
    「銀星砂(スターダストサンド)とは宇宙の必要な要素である、時の流れによって星と惑星に進化させできる。」
    「八十八のクロス、何のクラスがあるのか?」
    「四つです、四十八の青銅(ブロンズ)、二十四の白銀(シルバー)、十二の黄金(ゴールド)、四つの紅武(カイザー)」
    「見事だ...」 ムウは微笑んだ。 もし貴鬼がカイザーを忘れた、ムウは貴鬼に訓練が始めない、『チベットに帰れ』と命じる。
    「でもムウさま、カイザーの意味は『帝王』ではないか?」
    「そうです。 四つのカイザー聖衣がもとにムー帝王の鎧だった。」

第十七話 完。 
Episode 17 end.

第十八話 「クロスを修復の唯一の者」
Episode 18:The Only One Who Can Restore Cloth

    「沈降の時に、私達の帝王さまと何人のムーの人々と共に船で脱出した。 この土地に到達する時に、ここにいるの場所を見つけた! ムー帝王さまはこの場所がジャミールを名称した。 帝王さまは神話の船、アルゴを表すために自分の鎧を造り直す、四つのカイザー聖衣に成る。 大きい力のために、その四つの聖衣はまれに使用されない。
    「もし私が正しい覚えたら、その四つの聖衣と他の一つの聖衣はほとんど使用されない。」
    「その他のクロスは?」
    「そのクロスはデスクィーン島にある、四つのカイザーは聖域に封印した。 前聖戦の中に使用された七十九の聖衣は時の流れの中に何回も使用された、でも、あのデスクィーン島のクロスは一度も使用されなかった、そして、カイザーは長い時間の間に封印した。」
    「そうか...?」

。。。

    「良かろう、ノウ、この質問に答えたりなさい、君天雷将以外に他のオーラクルがこの地上に降臨したか?」
    「私は私の仲間を裏切らないよ、ムウ! そして、あなたのサイコキネシスはもう私に効くない!! 
    「無様だ、ノウ! 嘘つきは天使に似合わん!!」
    ムウはまだ念動力を、でもノウの体は何も起こってない! 「なに!」
    ノウは自由に立つ、彼のヘーロの塵をクリーンした。
    「馬鹿な!」
    「ふふふ... ムウ、私は唯の天闘士ではないよ! 私はヴァーテュー!! 食らえ!!!  力天使の勢力!!!!」
    「うむ...?」 ムウは苦しみを少しでも感じまい 「勢力だと?」
    「お前のサイコキネシスはお前の6感から来る、自分の手より頭からのエネルギーが物体を移動する、心からの技だ。 でも今、俺の勢力によって、お前の六感、お前の脳電波を制限した、もう、そのような攻撃をできない!」
    ノウはコスモを燃える 「死ね! ムウ!! 
エレクトリック 雷電ーーーーーーーーーーーーーーーーーッン!!」
    両方の手から、赤いオレンジ感電はムウに迫る!! 牡羊の黄金聖闘士はテレポートしたい、でも、出来ない!! その時、ムウは 「クリスタル ウオール!!」

    彼の腕を開け、透明なガラス壁は現われる、攻撃から保護していた! 
    「なに!!」
    「ノウ! 私に侮るな!! 食らえ!!! わが師譲りの!!!!
スター ダスト レボリューショーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッン!!!!!」
    回転のギャラクシーから、星屑がムウのコスモによってノウに迫る! ノウはそれを交わすことを出来ない!! その時、ノウは 「雷電 シールドーーーーーーーーーーーーーーッオ!!」
    左の手によって、彼は天空の雲からのコスモの盾を作成するムウの大きいな攻撃は妨げられた!
    両方とも数秒の間に動けないようになった。
    「ムウ、もしこのような戦いを続ければ千日戦争(ワン サウザンド ウオーズ)に成る!」
    「うむううう... そうだな... ならば食らえ!!」 大いなるの輪が出た!! 
    「スター ライト エクステンショーーーーーーーーーーーーーーーッン!!!!!」
    「ムウ! 本当に千日戦争に落ちるか!?  雷電 シールド!!!!!」
    「無理だ! 君の雷電 シールドが私のスター ライトから保護するできない!!」
     スター ライトはシールドを割り始める、そして遂に、突き通る!!
    「ぎゃあああああああああああああ!!!!!!!!」
    でも、ノウは倒れない、ヘーロが完全に破壊しない為、まだ体を
    ムウはこの光景の前に信じられない。 S.L.E. は彼のヘーロを十分に破壊べき、ノウは死ぬはず!!
    「ムウ、俺は間違いだな。 ワン サウザンド ウオーズに落ちない。」
    「何?」
    「雷獣烈風紫電拳ーーーーーーーーーーーーーーーッン!!!!!」
    ノウの最大の奥儀!! 紫の電流に造りの雷獣が出た!!!
    「クリスタル ウオール!!」 
    雷獣がウオールを貫けて、ムウの体に攻撃した!!
    「ムウさま!!!!!」 貴鬼はショークした! アリエスのクロスが完全に破壊した!! ムウは吹っ飛ぶ、ジャミールの地に激突した!
    「ふ! やはり、お前の聖衣は念力戦士(サイキク ソルジャ)の為に作り... 俺の勢力の為、お前のゴールドクロスの力を失った、だから、S.L.E.が俺に殺されない。
    「ムウ... なんと恥を... 私によってが天界に連れて行かれば、あのオリンパス神の助手になったら、いいものを...」
    「あのオリンパス神?」
    「いや、ゼウスではない。 まあ、いい。 君は天闘士にっ!! うお! 何だこのコスモは?!」
    ムウは究極までにコスモを燃えてる!
    「なぜだ! お前もう負けだ!!」
    アリエスのセイントの体の周りに凄い黄金光を見えてる!
    「ノウ! 確かにお前の勢力が凄い技だ、しかし、私に侮るなと言ったはず!! お前は本当に私が六感とクロス頼り決め技だけが有ると思うか!!」
    「なんだと!?」
    「例えお前の勢力は限ることができない一つのものがある!」
    「なに?!」
    「星の爆発だ!!!」
    「なに!?」
    「私と共に死ね!! スター こー ノヴァーーーーーーーーーーーーーーーッア!!!!!!!」
    ムウは全てのコスモを、拡大の星のように自身が新星になる!!それを停止することができない!! ノウは新星中心の中を引っ張られる、そして、飲み込まれる!!
    「馬鹿な!!!!!!!!!!!!!!!」
    ムウとノウ共に爆発した!!!!!!!!
    その大きいな爆発はムウの館をぐらつかせる!!
    「ムウ... さ... ま...」 その時、貴鬼がムウの声が聞こえる。
    「貴鬼...」 貴鬼は良く分かった。 これは残留思念、サイキク死んだ残した思い 「貴鬼、私が聖衣を修復の時、いつも、君は彫刻室聖衣の道具を私に世話した。 君はセイントではないが、その聖衣が君に与える。 そのクロスを、その道具を、私の教えの全てを 君に使わせてやりたい...」
    「ムウさま...」 涙を流れて言うムウの弟子。
    「貴鬼、君は私を継ぐのだ。 今私が死んだ、君はクロスを修復の唯一の者... さらばだ、貴鬼...」
    「さよならムウさま... 貴方のことを、貴方の教えを絶対に忘れない...」

 第十八話 完。 
Episode 18 end.

聖衣の進化

    元の水瓶座の聖衣はファンの設計だ、そして、車田先生がリライト。 新水瓶座聖衣ののオブジェ形態は翼を持った美青年が頭上に巨大な水瓶を。 カミュが新聖衣を装着の時、翼は後ろに掛けた。

予告編

    星矢! もう一度、そのコスモ!
    星矢! もう一度、そのクロス!!
    星矢! もう一度、戦え!!!

    聖闘士星矢 全能神ゼウス地上界編 
   Saint Seiya The Zeus Chapter  -  Earth

    第十九話 「ゆけ!新聖衣(ニーオ クロス)!!」
                    Go! Neo Cloth!!

    第二十話 「天界への扉!!」
                    The Opening to Heaven!!

    第二十一話 「目さめよ!中道!!」
                        Awaken! The Middle Way!!

   きみはゼウスのコスモを感じたことがあるか!?
   HAVE YOU EVER FELT THE COSMO OF ZEUS!?
 
 

  第十九、二十、二十一話へ /ゼウス編へ帰り